仮想通貨は「固有の欠陥」のため、お金として使用できないとBISがG20に伝える

BISはG20に、「仮想通貨は「固有の欠陥」のため、お金として使用できない」と伝える

世界20か国の財務大臣に送られた報告書で、国際決済銀行(BIS)は、暗号通貨の「固有の構造的な欠陥」が貨幣としては適していないと述べています。

BISの報告書は、世界の主要な中央銀行のグループであるBISが発行し、安定性、効率性、説明責任の問題が、自動化された支払いなどの可能な革新的な利益を上回ると指摘しています。

成長するセクターへの小売りおよび機関投資家の数百万人の関与にもかかわらず、報告書は、「暗号通貨はこれまでにイノベーションを社会の利益に活用することに失敗している」と述べており、インドのガンディナガルで今週末に予定されているG20財務大臣および中央銀行総裁会議のために作成されました。

「暗号通貨は主に自己言及的であり、実際の経済活動を資金提供していない」と報告書は追加しています。「固有の構造的な欠陥により、それは貨幣システムで重要な役割を果たすには適していません。」

報告書は、暗号通貨にとって波乱の1年となった後に発表されました。FTXとTerraエコシステムの崩壊からの損失、ハッキングとラグプルのリスク、そしてフルオンの支払いシステムとしての規模拡大の問題を報告書は引用しています。報告書は、許可なしのブロックチェーンが成長しすぎると混雑するため、本格的な支払いシステムとしての規模に成長することは困難だと述べています。

中央銀行の関係者は、暗号通貨に対する懐疑的な見方は新しいものではありません。新しい支払いシステムが彼らが発行する伝統的な法定通貨を混乱させたり取って代わったりする可能性があるためです。

G20のメンバーは、中央集権的な金融政策への影響が新興市場でさらに顕著になる可能性があるため、安定コイン(法定通貨の価値に連動する暗号通貨)を奨励することについては慎重なようです。

詳細はこちら: BISの調査によると、2030年までに15の小売りCBDC(中央銀行デジタル通貨)が予想されます。