Binance.USは、SECとの合意により、総資産凍結を回避します

Binance.US米国証券取引委員会は、取引所の資産凍結を回避する妥協案に合意しました。

土曜日に、米国のエイミー・バーマン・ジャクソン裁判官は、両者の合意に同意し、Binance.USの資産をすべて凍結するという以前の一時差し押さえ命令(TRO)を却下しました。

合意により、Binance HoldingsBAM Management USBAM Trading Services、そして創業者のChangpeng “CZ” Zhaoは、Binance.USの顧客資産を返還することになります。

さらに、Binanceの米国支社は、ビジネスの運営コストをカバーする以外の法人資産の使用を禁止され、米国の顧客はプラットフォームから償還することが許可されます。

この取引により、Binance Globalは、ウォレット、ハードウェアウォレット、またはBinance.USのAmazon Web Servicesツールのルートアクセスのプライベートキーにアクセスすることを禁止します。

Binance.USはTwitterで、「裁判所が明らかに事実と法律の両方によって正当化されないSECのTROおよび資産の凍結要求を認めなかったことをお知らせできることを嬉しく思います」と述べました。

SECは、同社と創業者のChangpeng Zhaoに対する訴訟の一環として、Binance.USの資産凍結を要求しました。

クレームでは、SECは、BinanceとZhaoが顧客資産を誤処理し、投資家や規制当局を誤解させ、証券規則を破ったと非難しています。

委員会はまた、Binanceが顧客資産をZhaoが管理するエンティティの銀行口座に不適切に移動したと主張しました。

その資金は第三者に移され、その後、暗号通貨の購入と売却に使用されたようです。

Binance.USは、資産凍結が米国のユーザーに損害を与えると述べた

SECの訴訟に対抗し、顧客資産が安全であると主張するBinance.USは、火曜日の公聴会で、すべての資金の流れを遮断することがビジネスから離反し、最終的に顧客に害をもたらすと主張しました。

資産の凍結を求めるSECの要求に対して、Binanceは、米国の役員が唯一のコントロール下にある新しいプライベートキーを持つ新しいウォレットに米国の顧客の暗号資産を移管する妥協案を提案しました。

提案の一環として、取引所は、裁判官の命令がない限り、資産を移転することや、どのBinanceエンティティにも利益をもたらすための支払いを行うことはないことを約束しながら、従業員への支払いと運営コストのカバーを維持する許可を求めました。

米国地区裁判所のエイミー・バーマン・ジャクソン判事は、プラットフォームを完全にシャットダウンすることは、「会社だけでなく、デジタル資産市場全体に重大な影響を与えるだろう」とも述べました。

一方、サイバーセキュリティコンサルタントであり、元SECインターネット執行部門のチーフであるジョン・リード・スターク氏は、「この合意は、SEC史上最も重荷、不器用、不便で広範囲な暗号通貨関連命令である」と主張しています。

「Binanceがこの命令のいずれかの規定に違反する場合、米国司法省は妨害に関連する訴因を提起する可能性があるため、Binanceは失敗すれば自己の危険にさらされる」とスターク氏は最近のツイートで警告しました。