Binance.USとSECが合意案を作成中、総資産凍結回避へ-知っておくべきこと

Binance.USと米国証券取引委員会は、総資産凍結を回避するための解決策を見つけようとしています。

Bloombergによると、米国地区裁判所のエイミー・バーマン・ジャクソン判事は、火曜日に、証券取引委員会の訴訟が進行する間に、取引所を閉鎖することなく、顧客資金の数十億ドルを保護する方法について、両者が「あまりにも遠く離れていない」と発表しました。

現在、双方は妥協案を作成中で、裁判官は彼らを裁判官に紹介して、合意された解決策を見つけるように指示しました。

「完全に閉鎖することは、会社だけでなく、デジタル資産市場全体に重大な影響を与える可能性がある」と報じられた。

先週、証券取引委員会は、仮想通貨取引所Binanceの米国支社であるBinance.USに対する訴訟の一環として、資産凍結を要求し、同社および創設者のChangpeng Zhaoを告発し、顧客資金を不適切に扱い、投資家や規制当局を誤解させ、証券規則を破ったと主張しました。

委員会はまた、Binanceが顧客資金の数十億ドルを、Zhaoが管理する実体の銀行口座に不適切に移動させたと主張しています。

規制当局は、その資金が第三者に移転され、その後、暗号通貨の購入と売却に使用されたと述べています。

Binance.USは、資産凍結が顧客に害を及ぼす可能性があると述べました

Binance.USは、訴訟に対抗し、顧客資産が安全であると主張していますが、すべての資金の流れをブロックすることはビジネスを損ない、最終的には顧客に害を及ぼすと主張しています。

Binance.USの弁護士の1人は、支払い、給与、ベンダーの支払い、およびソフトウェアのライセンスなどの通常のビジネス費用をカバーする能力を持っている必要があると強調しました。

「私たちが懸念している領域は、銀行に誤解される可能性がある資産凍結です」と弁護士は説明しました。

資産凍結を要求されたことに対応して、Binanceは、米国の顧客の暗号通貨を、Binance.USの米国拠点の役員が完全に管理する新しいウォレットに移行する妥協案を提案しました。

その提案の一環として、取引所は、裁判官の命令がない限り、Binanceのいかなる実体のためにも資産が移転されず、支払いが行われないことを誓約しながら、従業員を支払い、運営費用をカバーする許可を求めました。

一方、妥協案の一環として、証券取引委員会は、米国の顧客に属するすべての暗号通貨資金を米国に送信し、Zhaoの影響力から離れた実体が顧客の償還を処理できるようにするようにBinanceに求めました。

Binanceが米国規制当局の怒りを買った唯一の暗号通貨企業ではないことを指摘する価値があります。先週、最大の米国拠点の仮想通貨取引所であるCoinbaseも訴えられました。

また、委員会は、仮想通貨取引所KrakenとBittrex、および仮想通貨レンディングプラットフォームNexoに対して執行措置を取りました。