コンプライアンスへのバイナンスの取り組み:プログラムの内部を詳しく見る

世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceは、仮想通貨業界全体が「非準拠」であるという誤解を解消するための努力をしています。

木曜日のブログ投稿では、同社は国際規制当局と協力しているBinanceの取り組みの範囲をまとめ、取引所が意図的に法律を逃れるために不透明であるという持続的な物語と対比しました。

「Binanceのコンプライアンスチームには、元法執行官、規制当局、仮想通貨、金融技術、伝統的な銀行のコンプライアンスの専門家など、多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナルが所属しています」とBinanceは述べました。チームには「750人のコアメンバーおよびサポートスタッフ」が専門部署に分散配置されています。そのうちの20%は、テロ資金調達やマネーロンダリングなどの不正な財務を積極的に調査する金融犯罪チームのメンバーです。法執行対応チームは「週に約1,300件の要求に対応しています」。

別のチームは、Binanceのグローバルマネーロンダリング報告責任者(GMLRO)を囲んでいます。このチームは、マネーロンダリングの検出と報告に加えて、世界の規制状況を監視し、「Binanceが適用法令に完全に準拠していることを確認します」。

先週、複数のアメリカ連邦機関が連携してダークネットマーケットプレイスおよびデジタル通貨犯罪タスクフォースを立ち上げました。これは「犯罪組織を妨害および壊滅させる」ための「ミニFBI」です。しかし、アメリカ財務省によると、アメリカドルの方が仮想通貨よりもはるかに大きな範囲でグローバルなマネーロンダリングに関与しています。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)自身を含む、仮想通貨業界の専門家たちも、デジタル資産が制裁回避に重要な役割を果たす可能性に反対しています。「仮想通貨のトランザクションは追跡可能すぎるため、世界中の政府は仮想通貨のトランザクションを追跡する能力がますます向上しています」と彼は昨年のCNBCのインタビューで述べました。

それにもかかわらず、Binanceは制裁コンプライアンス部門をサポートしており、これにより「適用可能な制裁、賄賂防止および不正な資金調達策の違反に関連するリスク」を軽減しています。

顧客審査

Binanceも他の規制された取引所と同様に、「顧客審査」を実施するために顧客の身元確認(KYC)および企業の身元確認(KYB)プログラムを導入しています。

今月初め、米国証券取引委員会(SEC)は、国際プラットフォームを利用しているアメリカ市民に対して、Binanceを訴えました。アメリカ市民は、メインのBinanceの枝と比べて、機能や取引可能な暗号通貨が少ないBinance.USを利用することが求められています。

Binanceの共同創業者であるYi Heは、今週公開されたBloombergのインタビューで、「Binanceがコンプライアンスしていなければ、他のほとんどのグローバル取引プラットフォームやオフショア企業も同様ではない」と述べています。