バイナンスのBNBチェーンは、Optimismによって駆動されるレイヤー2のテストネットを導入します

Binanceが創設したレイヤー1ブロックチェーンBNB Chainは、「スケーラビリティの課題」に対処するため、新しいレイヤー2チェーンを導入しました。

6月19日、BNB Chainは、同日テストネットとしてローンチしたopBNBを発表しました。新しいレイヤー2スケーリングソリューションはOptimism OP Stackに基づいており、Binanceブロックチェーンネットワークに追加のセキュリティとスケーラビリティを提供するとしています。

このシステムは、Ethereum Virtual Machine(EVM)互換のレイヤー2チェーンであり、Ethereumベースのスマートコントラクト、ネットワーク、ERC-20トークン規格と互換性があります。

ネットワーク需要が高まると、ブロックチェーンはネットワーク混雑や高額な手数料に悩まされることがよくあります。BNB Chainは現在、秒間約2,000件のトランザクションを処理し、トランザクションコストは約0.10ドルです。

発表によると、opBNBは秒間4,000件以上の転送トランザクションをサポートし、平均トランザクションコストは0.005ドル以下です。

ブロックチェーン技術が進化し続ける中で、スケーラビリティは依然として重要な課題です。しかし、opBNBが登場すれば問題ありません。レイヤー1(L1)ネットワークの制限を克服するために設計された、画期的なレイヤー2スケーリングソリューションです。以下ではopBNBについて議論しましょう。https://t.co/irYn1OPtfQ

— BNB Chain (@BNBCHAIN) June 19, 2023

さらに、opBNBはデータアクセシビリティの最適化、キャッシングレイヤー、および送信プロセスアルゴリズムの調整を可能にし、同時操作を許可することで、ガスリミットをOptimismが許可する3000万から1ブロックあたり1億に増やすことができると述べています。

Binanceは、opBNBを「ブロックチェーン技術の大量採用を制限しているスケーラビリティの課題に対する回答」と呼んでいます。

Optimismは、トランザクションデータがルートチェーンから処理されるまで有効であると自動的に仮定することにより、楽観的なロールアップを使用してトランザクションのスケーリングを拡大します。

また、RPC(リモートプロシージャコール)サービスレイヤーは、ユーザーフレンドリーなインターフェースを提供することにより、統合プロセスを簡素化します。

これにより、開発者は「レイヤー2スケーリングの複雑さを心配することなくアプリケーションの開発に集中することができます」と述べています。

opBNBで最初の開発の波が既に見られています。次は誰でしょうか?https://t.co/NnYmmMTP5Q

— BNB Chain (@BNBCHAIN) June 19, 2023

Cinneamhain VenturesのパートナーであるAdam Cochranは、BNB Chainがスケーリングの問題を抱えているため、「Ethereumのフォークを中央集権化し、ガスリミットを安全なレベルに引き上げた」とコメントして、この開発に懐疑的でした。

彼は、Optimismに「スーパーチェーン」として参加するか、Ethereum上で直接レイヤー2として参加するか、またはOptimismまたはArbitrum上でレイヤー3になるなどの選択肢があるため、「Optimismフォークをローンチする意味がない」と付け加えました。

関連記事:Optimismは、デポジット時間とレイヤー1手数料を削減する「Bedrock」ハードフォークを成功裏に完了

DeFiLlamaによると、BNB Chainは、DeFi総ロックバリューでEthereumとTronに次ぐ第3位であり、TVLは33.8億ドル、24時間の取引高は2億6400万ドル、約100万人のアクティブユーザーがいます。

雑誌:こうしてEthereumのZKロールアップが相互運用可能になる