バイナンス、英国のFCA登録申請を取り下げ

米国証券取引委員会(SEC)との訴訟の後、世界的な主要デジタルアセットサービスプロバイダーであるBinanceは、Binance Markets Limited(BML)の英国金融行動監視機構(FCA)への登録を取り下げました。BMLは、グローバルな仮想通貨取引所の英国子会社です。これらの最新の動向により、Binanceとその関連企業は英国での事業ライセンスまたは承認を保持していません。

BMLは、約3週間前に完了したFCAの承認取消し申請を提出しました。FCAは、「許可の取消し完了後、同社はFCAによって承認されていないことが確認されました。Binanceグループの他のいかなるエンティティも、英国で規制されたビジネスを行うための英国の承認または登録を保持していません。」と確認しました。

また、BMLは2021年6月にFCAによって英国地域でのビジネス取引禁止措置を受けました。禁止措置には、暗号通貨に関連するプロモーションや金融広告の削除などの指示が含まれます。

Binanceは、そのウェブサイトやソーシャルメディアプラットフォーム上のクライアントに、英国のビジネスとは関係がないことを開示するように求められました。その結果、Barclays PLC(LSE:BARC)は、同取引所への支払いにデビットカードやクレジットカードを使用することをブロックする計画を発表しました。

また、この禁止措置は、カナダ、日本、タイからのBinanceへの厳しい取り締まりと重なりました。英国の投資銀行大手HSBC Holdings plc(LON:HSBA)も、投資家保護に熱心であるとの前提で、同社の英国のクライアントにBinanceへの支払いを停止しました。

FCA登録の取消し:Binance UKは事業を行っていなかった

英国規制当局との登録取り下げ後、Binanceの英国および欧州の成長担当サブリージョナルマネージャーであるIlir Laro氏は、BMLは事業を行っていなかったため、この取消しは同社に運営上の影響を与えなかったと主張しました。

彼はさらに、BMLはBinanceグループによって2020年に買収された後、休眠状態にあると説明しました。Laro氏によると、英国で規制されたビジネスを立ち上げる試みが以前に行われましたが、失敗に終わったとのことです。

マネージャーは、次のように強調しました。

「明確にするために、BMLは英国で規制されたビジネスを行ったことはありません。 FCAの未使用のFCA許可の取消しに関するガイダンスに従って、BMLはもはやFCAによって承認されていません。」

米国の仮想通貨企業による代替地の押し

残念ながら、Binanceは米国の仮想通貨取引所に対する取り締まりにより、英国や他の地域への事業拡大を検討していました。

SECは、6月5日にBinanceに対して、登録されていない会社の運営、KYC規則の違反、投資家の誤解を招く行為、および顧客の資金の不適切な扱いなど、数多くの罪状で訴えました。

アメリカの仮想通貨取引所であるCoinbaseも、登録されていない国立証券取引所と仲介業者として運営していたため、執行措置を受け、他の地域を再考することを余儀なくされました。