「マーケットメーカーが入札側の流動性を追加することで、BinanceでCRVがプランジ保護を受けます」

Binance will provide CRV with price protection by adding liquidity on the bid side through market makers.

暗号市場メーカーは、分散型取引所の日曜日の攻撃により、CurveのネイティブトークンであるCRVをサポートするためにBinanceに参入しました。この攻撃により、暗号通貨は暴落し、大規模なCRV担保借入および市場全体への広がりによる清算の脅威が生じました。

パリを拠点とする暗号データプロバイダーKaikoによると、中心価格から2%以内の買い注文の集合である買い注文市場の深さは、攻撃後に約500,000 CRVから1,000,000 CRV以上に倍増しました。

つまり、買い注文の流入により、市場は安定した価格で大口注文を受け入れる能力が倍増しました。Binanceの買い注文市場の深さも急激に増加しました。

Kaikoの研究ディレクターであるClara Medalieによれば、買い注文の深さの急増は驚くべきものであり、市場メーカーが暗号通貨に対して急落保護を提供していることを示しています。

Medalie氏はCoinDeskに対して、「市場メーカーは不利な価格変動に巻き込まれることを避けるために注文を取り消す傾向があります」と述べました。「そのため、大規模な市場イベント(例えば、3月の銀行危機やFTXの崩壊)では、注文ブックから流動性が消えることがあります。Curveの攻撃直後、私たちは逆の傾向が見られました。特に買い注文側にCRV注文ブックに流動性が追加されました」と続けました。

The chart shows 10% bid depth for CRV on top five centralized exchanges for the token. (Kaiko) (Kaiko)

Curveは、日曜日の攻撃後、直ちに14%以上下落し、0.58ドルまで下落しました。この急落により、Curveの創設者であるMichael Egorov氏がCRVで担保化された数百万ドル規模のUSDTとFRAXの借入金を清算する可能性が生じ、さらなるCRVの売却が促されました。このネガティブフィードバックループは、価格をEgorov氏の清算レベルである0.37ドルまで押し下げる可能性がありました。

潜在的な清算は、分散型金融市場を不安定化させる可能性がありました。現時点では、パニックは回避されました。

Medalie氏は、「CRVの価格がある一定のレベルを下回らないようにするための非常に多くのインセンティブが存在することは明らかです」と付け加えました。

Binanceの買い注文側の深さが倍増した一方で、他の取引所におけるネイティブトークンの流動性全体は特筆すべき変化は見られなかったとMedalie氏は述べ、FalconX Researchの見解を裏付けています。

Stephen Alpherによる編集。