「Binanceは、EUのMiCAに頭を悩ませる中、複数のステーブルコインのリスト解除に警告」

Binance warns of delisting multiple stablecoins as it grapples with the EU's MiCA

  • EUの暗号通貨法MiCAは来年発効予定であり、ブロック内のステーブルコインに対する枠組みを設定します。
  • まだ法的な曖昧さが残っており、承認もまだないため、来年6月には困難な立ち上がりがあるかもしれません。

数ヶ月後に実施される新しい欧州連合の規則により、ステーブルコインの大規模な上場廃止が起こる可能性があると、バイナンスの役員が木曜日に警告しました。これは、欧州連合の暗号通貨市場(MiCA)規制の影響を解釈しようとする弁護士たちが直面している問題です。

EUの画期的な法律が分散化および外国の発行者にどのように適用されるかにはまだ曖昧な点がありますが、欧州銀行監督機構(EBA)の役員は既に市場に存在するコインに対して寛容期間はないと強調しています。

MiCAは昨年6月に最終的にまとめられ、EUを世界で初めて包括的な暗号通貨規制を施行する主要な管轄区域とすることで、取引所やウォレットプロバイダーが単一のライセンスでブロック内で運営できるようにします。

MiCAのステーブルコインに関する規定は、他の資産(例:法定通貨や金)に連動する暗号資産であるステーブルコインが、2024年6月に12か月後に発効される予定であり、その間にはEBAおよびその姉妹機関である欧州証券市場監督機構(ESMA)が詳細な事項について協議を行っています。

「まだプロジェクトが承認されていないため、6月30日には欧州のすべてのステーブルコインが上場廃止される可能性があります」と、バイナンスフランスの法務責任者であるマリナ・パルテュイソは、EBAが主催するオンライン公聴会で述べました。「これは、欧州の市場に対して世界の他の地域と比べて重大な影響を及ぼす可能性があります。」

バイナンスの最高経営責任者であるチャンペン・ジャオは、MiCAによってもたらされた明確な規則を称賛していますが、規制の圧力により、バイナンスはオランダ、キプロス、ドイツなどの多くのヨーロッパの管轄区域から撤退せざるを得なくなりました。

しかし、彼らだけが問題を抱えているわけではありません。EU拠点の発行者であることを要求する規定については、多くのブロックチェーン基金が好む革新的なガバナンスモデルを排除する可能性があるという懸念があります。

「多くのステーブルコインの発行者は、完全に分散化されており、したがって意思決定や発行のポイントがない」と言ってMiCAの制約を満たせないと、Latham & Watkins法律事務所のパートナーであるトーマス・ヴォーゲルは述べました。「これは私たちが話をする多くの人々にとって、ある種の閾値となっており、私が見る限りではほとんどガイダンスはありません。」

Matheson法律事務所のパートナーであるイアン・オマラは、規則により、外国の発行者がブロック内に拠点を置く暗号プロバイダーを通じて登録することができる可能性があると、公聴会でCoinDeskに語りました。「外国企業もここでの選択肢についてアドバイスを求めています。EBA/ESMAがこれを容認するかどうかには懐疑的ですが、法的なテキストはこれを許可していると言えます。」

しかし、役員たちは、既に主要な特徴が確定している規則を実施する際に規制上の寛容さを示すことはほとんど期待しないと述べました。

「この種の[ステーブルコイン]トークンには移行期間はありません。ルールは来年6月末から適用されます」とEBAのMiCAチームリーダーであるエリザベス・ノーブルはパルテュイソに伝えました。

一方で、EBAの監督政策および監督方針部門のディレクターであるイザベル・ヴァイヤントは、分散化に関する懸念を「非常に実践的で難しい問題」と説明しましたが、発行者と顧客の間には常に契約上の関係があるため、実際には連絡先としての役割が存在すると付け加えました。

続きを読む: MiCA、EUの包括的な新しい暗号通貨規制の解説

Parikshit Mishraによる編集。