バイナンスは、いくつかのマルチチェーンブリッジトークンの送金を一時停止しています

  • バイナンスは、MultichainブリッジドトークンのPolkastarter(POLS)、Alchemy Pay(ACH)、Alpaca Finance(ALPACA)、およびTravala(AVA)の入金および出金サポートを停止します。
  • これらのトークンは、BNB Smart Chain、Fantom、Ethereum、およびAvalanche C-Chainで作成されています。
  • バイナンスは、Multichainブリッジドトークンに関連する問題が発生した後、5月にも一時的な停止を行ったと述べています。

暗号通貨取引所のバイナンスは、クロスチェーンルータープロトコルMultichainにリンクしたいくつかのトークンの入金および出金を一時停止すると発表しました。

バイナンスは、Multichainブリッジドトークンの入金および出金の一時停止は、UTC 0:00の7月7日から有効となり、「さらなる通知があるまで」続くと述べています。

Multichainの価格は過去24時間で約6%下落し、執筆時点で約3.14ドルで取引されています。

#Binanceは、7月7日00:00 UTCから当面の間、いくつかのMultichainブリッジドトークンの入金および出金を一時停止します。

詳細はこちら 👇 https://t.co/CL7V8UeT9l

— Binance (@binance) July 5, 2023

影響を受けるトークンにはPolkastarter(POLS)、Alchemy Pay(ACH)などが含まれる

バイナンスは、ユーザーへの通知で、入金および出金の一時停止がBNB Smart Chain、Fantom、Ethereum、Avalanche C-Chainを含むさまざまなネットワークに影響すると述べています。特に、ユーザーが上記のチェーンを介して転送できなくなるMultichainブリッジドトークンは次のとおりです:

BNB Smart Chain上で作成されたPolkastarter(POLS)、Alchemy Pay(ACH)、SuperVerse(SUPER)およびHarvest Finance(FARM);Fantom Network上で作成されたAlpaca Finance(ALPACA)およびBeefy.Finance(BIFI)トークン;Avalanche C-Chain上のSpell Token(SPELL)およびEthereumブリッジ上のTravala(AVA)。

バイナンスは、上記のブリッジトークンのサポートを停止する具体的な理由を提供していませんが、それは以前のいくつかのMultichainブリッジトークンの一時停止と関連していると強調しています。

暗号通貨巨大企業は、Multichainブリッジトークンの送金に関する問題が発生した後、5月24日に一時的な停止を発表しました。

上記のトークンの入金および出金は、バイナンス上のリストされたチェーンを介して一時停止されていますが、ユーザーは引き続き他のバイナンスサポートネットワークを介してこれらの送金にアクセスできると、取引所は再確認しています。