バイナンスの調査によると、88%の機関投資家が暗号資産に対してポジティブな見通しを持っているという結果が出ました

機関投資家は暗号通貨とデジタル資産にますます関心を寄せています。Binance ResearchとBinance VIP&Institutionalによる最新の調査レポートによると、機関投資家の88%が次の10年間にわたる暗号通貨に対して長期的かつ楽観的な展望を持っています。

暗号通貨市場は高い変動性で知られていますが、大口取引参加者の大多数は将来の数年間にわたり、暗号通貨をポートフォリオの重要な一部と見ています。

機関投資家の暗号通貨資産への関心が高まっています

機関投資家向けの暗号通貨展望調査では、2023年3月31日から2023年5月15日までに208人のBinance VIPおよびInstitutionalユーザーを対象に調査が行われ、増え続ける機関投資家の暗号通貨投資家が長期的な展望を持っていることがわかりました。調査によると、これらのユーザーの63.5%が次の12か月間においてデジタル資産に対して楽観的な見方を持ち、88%が次の10年間に対してより楽観的です。

回答者のうち、50%が次の5年間において暗号通貨資産の露出を増やすことを予想しています。4.3%しか露出を減らす予定はないと回答した人はいませんでした。これは、暗号通貨の将来的な成長や主流化への信頼と楽観視を示しています。

ビットコインは機関投資家の最も人気のある選択肢であり、広範な暗号通貨セクターよりもビットコインに対してより楽観的な回答者の割合が大きいです。これは、ビットコインが市場規模で最大の暗号通貨であり、最も確立されているため、驚くことではありません。ビットコインは暗号通貨の「デジタルな価値保管所」であり、インフレへのヘッジです。

機関投資家の関心が高まる中、BTCが31,000ドルを突破 | 出典: TradingView.comのBTCUSD

投資家の42.8%は大きな投資リターンの可能性により関心を持っています。しかし、37.5%はデジタル資産の背後にある技術への長期的な露出によりモチベーションを感じており、回答者の48.1%と43.8%がそれぞれLayer 1およびLayer 2の技術に投資しています。

機関投資家の取引はまだ主に中央集権型取引所で行われています

中央集権型取引所は、機関投資家の取引において最も人気のあるプラットフォームです。多くの暗号通貨投資家は分散型取引所の台頭を提唱していますが、Binanceなどの中央集権型取引所は、幅広い暗号通貨を簡単に購入、売却、交換するためのワンストップショップを提供しています。調査では、機関投資家の90.5%が中央集権型取引所で取引を行いたいと回答しました。

一部の機関投資家は暗号通貨に対して懐疑的な意見を持っていますが、この資産クラスに対する主流の関心が着実に高まっていることは明らかです。機関投資の採用が続けば、銀行などの金融機関における暗号通貨のより広範な主流受け入れを促すことになるでしょう。