バイナンス、ビットコインのライトニングノードを設立し、入出金手続きを簡素化

仮想通貨取引所のBinanceは、火曜日のツイートによると、ビットコインネットワーク上にライトニングノードを設置し、将来的にユーザーに対してライトニングベースのビットコイン入出金サービスを提供すると発表しました。

取引所は、「Binanceは、入出金のためにビットコイン・ライトニング・ネットワークを統合するために取り組んでいます。しかし、まだ技術的な作業が残っています。完全にライトニングが統合されたら、更新します。」とツイートしています。

ライトニングネットワークは、ビットコインブロックチェーンの「第2層」と呼ばれ、取引時間を短縮し、ネットワークの混雑を減らすために設定された支払いチャネルによって、数セントの手数料でユーザー間のオフチェーン取引を実施します。

5月、Binanceは、ユーザーの入出金活動を簡素化するためにライトニングネットワークを統合すると発表しました。当時、Binanceはネットワークの混雑を理由に一時的にビットコインの引き出しを停止しており、これにより取引所の準備資金に関するユーザーの懸念が生じました。

取引所のKrakenやBitfinexはすでにユーザーにライトニングネットワークサービスを提供しており、Coinbase CEOのBrian Armstrongは4月のツイートで、将来的に取引所がユーザーにライトニングネットワークを提供すると示唆しています。

データによると、ライトニングネットワークには、火曜日の朝時点で約1億4,500万ドル相当のビットコインが保有されています。

編集者:オリバー・ナイト