「バイナンス、ロシアの部門を1日前に設立されたCommEXに売却して国を去る」

Binance sells its Russian division to CommEX, established one day ago, and leaves the country.

暗号通貨取引所のBinanceは、コンプライアンス上の懸念からロシアビジネス全体をCommEXに売却することに合意し、市場から完全に撤退することを目指しています。

「将来を見据える中で、ロシアでの運営はBinanceのコンプライアンス戦略とは相容れないことがわかりました」と、Binanceの最高コンプライアンス責任者であるノア・パールマンはプレスリリースで述べました。

CommEXは、公式にローンチされた暗号通貨取引所のようであり、7月にはBTC/USDTおよびETH/USDTの取引ペアをスポット取引のためにリストアップしたようです。CommEXは、水曜日にX(以前のTwitter)アカウントで、「ロシアと世界中の新しいユーザーを歓迎します!」と発言しました。

今年早い時期には、Binanceがロシアの顧客が米国の制裁に違反して取引所にアクセスできるかどうかについて、司法省の調査を受けていると報じられました。8月には、同社は制裁を受けたロシアの銀行との関係を断絶すると発表しました。

Binanceは水曜日に、売却により同国から完全に撤退し、「Binanceは今後数ヶ月でロシアでの全ての取引サービスと事業ラインを終了する」と述べました。

リリースによると、「Binanceとは異なり、ロシアの国際企業と同様の取引では、売却からの持続的な収益分配はなく、ビジネスの株式を買い戻すオプションもありません」と述べています。

CommEXは、米国、EU、および一部の他の管轄からの顧客のオンボーディングは行わないと述べました。

既存のロシアユーザーのオフボーディングプロセスは最大1年かかり、すべての資産は「安全かつ保護されている」と同社は述べています。

更新(9月27日、09:02 UTC):見出しを更新し、詳細と背景を追加しました。

編集:パリクシット・ミシュラ。