バイナンスはSECの訴訟により、暗号通貨取引所のグローバルな計画に影響を与える可能性がある

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、6月5日に、証券法違反および未登録証券の提供の容疑で、バイナンス及び同社の米国プラットフォーム、CEOであるChangpeng Zhao氏を含む訴訟を、ワシントンDCの連邦地区裁判所に提起しました。

米国の規制当局は、暫定停止中のBinance USD(BUSD)ステーブルコインと、ネイティブトークンであるBNB(BNB)の形で、未登録証券を提供したとして、このクリプト取引所を非難しました。SECは、Simple EarnとBNB Vault製品、ステーキングプログラムも証券法違反と見なしました。

さらに、SECは、Binance.USとその法的会社であるBAM Tradingが、取引所、ブローカー、清算機関として登録を怠ったと主張し、Zhao氏を「支配人」として名指ししました。Binanceは、グローバルエンティティと米国拠点のクリプトプラットフォームが独立していると主張してきましたが、訴訟は、BinanceグローバルプラットフォームとBinance.USの資金が複数の場合に共同で管理されたと主張しました。

その訴訟には、以下の9つのクリプトトークンが証券として挙げられています:Solana(SOL)、Cardano(ADA)、Polygon(MATIC)、Filecoin(FIL)、Cosmos(ATOM)、The Sandbox(SAND)、Decentraland(MANA)、Algorand(ALGO)、Axie Infinity(AXS)およびCoti(COTI)。

この訴訟で、クリプト取引所に対して13の告発がなされましたが、Binanceは、米国内のクリプトプラットフォームに対する明確な規制ガイドラインを提供しなかったSECに責任があると主張しています。

このSECの訴訟は、2022年初頭からこのクリプト取引所を調査していたにもかかわらず、多くの人々に驚きを与えました。

SECの公式発表文に含まれたBinanceの最高コンプライアンス責任者からのメッセージは、SECの手法が個人的な復讐に近くなってしまったように見えたという声もありました。

また、BitfinexのCTOであるPaolo Ardoino氏は、取締役会の前向きな指導が執行よりも優先されるべきだと主張し、欧州の規制当局の例を挙げました。彼は、「MiCAライセンスは、会社が堅牢な運営基盤を提供し、フィードバックの余地を残しながら包括的な枠組みを確立するために積極的に取り組んでいる規制当局の良い例です。」と述べました。

「香港、シンガポール、ドバイ、エルサルバドルでデジタル資産に対する規制当局の積極的なアプローチを見ています。懸念されるのは、フィードバックを提供することに消極的な規制当局が企業や人材を遠ざけることです。革新を促進するだけでなく、顧客と投資家の福祉も保護する包括的で統一的な規制が緊急に必要です。」アルドイーノ氏は述べています。

FTXに対する並行性?

Binanceの規制当局との法的問題は、何も新しいことではありません。過去数年間、暗号通貨取引所は様々な地域で複数の規制上の課題に直面してきました。しかし、過去には違反に対して警告または罰金を受けたに過ぎなかった暗号通貨取引所ですが、ここ数年の多数の暗号通貨プラットフォームや貸付企業の崩壊により、その状況は変わりました。

2022年末にFTXが倒産したことにより、暗号通貨業界に対する公共の信頼が低下しましたが、当時のBinanceとZhao氏は透明性に対する広範な支持を得ました。しかし、新しい訴訟や資金の混合の指摘により、世界最大の暗号通貨取引所に対する公共の信頼に打撃を与えました。

指摘された資金の混合の訴訟が浮上した後、暗号通貨コミュニティの多くの人々はFTXとBinanceの類似点をすぐに見出しました。

これはFTXよりも遥かに大きな問題になるだろう。 https://t.co/MkYgTOElEp

— TruthLabs (@BoringSleuth) June 8, 2023

同取引所の市場深度は米国のエンティティでは78%以上減少し、米国の市場シェアは1%以下に低下しました。

デジタル資産のSEC登録ブローカーディーラーサービスであるINXの副CEOであるItai Avneri氏は、取引所に対して結果を予測するのは困難であるとしながら、BinanceがSECによって証券と見なされる米国で暗号通貨をブローカーディーラーライセンスなしで取引していたことは明らかであるとKocooに語っています。

「Binanceはすでに大きな公共の信頼を失っていますが、それはスキャンダルに悩まされた暗号通貨業界全体の公共の信頼の低下にも貢献しました。顧客は不確かで、信頼できる相手が誰であるか、何を取引すべきか、どのように取引すべきかわかりません。」

Avneri氏は、SECがほとんどの暗号通貨が実際には証券であると主張しているため、業界参加者はデジタル資産をそのように登録し、現行の証券法の下で準拠する方法を見つける必要があると助言しています。

ビットコインにフォーカスをあてた暗号通貨取引プラットフォームCoinbitsの製品ディレクターであるDave Birnbaum氏は、「Binance.USはこの訴訟を生き残ることはできないでしょう。Binanceのコンプライアンス責任者が米国の法律を無視しているように見えるメールが漏れているということは明らかです。最良の場合は、Binanceは国際的な事業を続け、[Zhao]氏は米国に足を踏み入れずに刑務所に行かないで生きることです。」とKocooに語っています。

彼は、Binanceがストームを乗り越え、非米国の事業を継続するだけの資産を持っているかもしれないが、注目すべき重要な要因の1つは、SECの訴えによりBNBトークンの価値が急落したことです。

Binanceは、次の18か月間に欧州連合で新たに成立した「マーケット・イン・クリプトアセット(MiCA)」法に準拠することに注力していると主張しています。

業界にとって重要な日程が控えています。MiCAはEUの公式ジャーナルに掲載されました: https://t.co/in3qlQO3wV これは、暗号通貨ビジネスがMiCAの要件を実施してコンプライアンスを遵守するための確実なタイムラインを持つことを意味します。ステーブルコインの規則は6月30日から適用されます。 https://t.co/qQtZbxZWqV

— CZ Binance (@cz_binance) June 9, 2023

しかし、Binanceが米国で法的な問題に直面していることが、そのグローバルな野望に傷をつけた可能性があります。SECが訴訟を提出した直後の数週間、同取引所は、複数回の試みにもかかわらず、規制当局から仮想資産ライセンスを取得できなかったため、オランダ市場から撤退しました。

Binanceは、現地の規制に準拠してオランダの住民にサービスを提供するための複数の代替手段を模索したと主張しています。しかし、このような手段は、仮想資産サービスプロバイダーの登録への道を提供していませんでした。

このグローバルな暗号通貨取引所は、また、キプロスでの仮想通貨資産サービスプロバイダー(CASP)としての最高レベルのサービス提供であるクラス3の登録を受けた後、登録を取り消す申請を行いました。Binanceは、この移行はより大きなEU市場に焦点を当てるために行われたと主張していますが、ロイターの報道によると、クラス3の登録を受けたにもかかわらず、Binanceはこの地域でサービスを提供していませんでした。

Binanceはまた、Financial Conduct Authorityと共に不活性なイギリスの企業の登録を取り消す申請を行いました。取引所は、Binance Markets Limitedが現在使用されていない許可を取り消したことをKocooに伝えました。これらの許可は暗号通貨に関係しておらず、使用されていませんでした。

最近のニュース:スローフード:Kenny Schachterがブロックチェーンアートの過去、現在、未来を考える

MiCA準拠になり、EU市場に参入する計画を立てている中、フランスでの調査が報じられています。報道によると、取引所に対する調査は「重大なマネーロンダリング」の罪状に基づいているとされています。

Binanceは最近、欧州諸国での複数の登録の取り消しをMiCA準拠になるために行ったと主張していますが、一部の人々は、欧州諸国がSECと協力してBinanceに圧力をかけていると指摘しています。