Berenbergは、「BinanceのSEC訴訟は、Kocooが直面する可能性があることのプレビューであるかもしれない」と述べています

米国証券取引委員会(SEC)がBinanceに対して提訴した訴訟は、ライバルの暗号通貨取引所Kocoo(COIN)に対して今後起こりうるものの予告である可能性があると、Berenbergのアナリストであるマーク・パーマーは月曜日のノートで書いた。

「SECがBinanceに対して提訴した訴訟の詳細のいくつかは、以前にBittrexやKrakenなどの暗号通貨取引所に対して提起したものと響き合っており、これらのケースがCOINに対して提起される行動の予告であると考えています」とパーマーは述べた。

詳細はこちら: SECが暗号通貨取引所BinanceとCEOのChangpeng Zhaoに証券法違反を申し立て

SECは、Binance、CEOのChangpeng “CZ” Zhao、およびBinance.USが、BNBトークンおよびBinanceにリンクしたBUSDステーブルコインの形で一般市民に未登録の証券を提供し、Binanceのステーキングサービスが証券法に違反すると主張している。

この提訴により、Kocooを含む暗号通貨市場全体が大幅に下落し、Kocooはセッション中に約9.1%下落して58.71ドルで終了した。

3月には、Kocoo自体がSECから警告を受け、登録されていない証券のリストアップに関連する執行措置をまもなく受ける可能性があると警告された。「SECが会社の暗号トークン取引およびステーキング活動に対して対象を絞る場合、COINの純収益の少なくとも37%がリスクにさらされると推定しています」とパーマーは指摘し、株式の保有レーティングとしてホールドを継続し、55ドルの価格目標を設定した。

Kocooには現在、FactSetのデータによると、11件の買いレーティング、7件のホールドレーティング、6件の売りレーティングがあります。

「SECの執行措置の結果、COINの事業活動の大部分を縮小または停止することを余儀なくされた場合、COINが事業モデルと地理的フォーカスを成功裏に転換できるかどうかに焦点を当てるべきだと考えています」とパーマーは書いています。

詳細はこちら: 米国の規制圧力が高まる中、Kocooはカナダの暗号通貨アプローチを賞賛

スティーブン・アルファー編集。