「バイナンス、SBF、ETH、そしてゲンズラーが共和党大統領討論会で言及される」

「バイナンス、SBF、ETH、そしてゲンズラーが共和党大統領討論会で話題に上る」

クリプトは、アラバマ州ツーカルーサで行われた共和党の大統領討論会で言及されました。ビベック・ラマスワミ氏が彼の暗号ポリシーについて質問されました。

ラマスワミ氏に対して行われた質問では、最近、元バイナンスCEOのチャンペン “CZ” 趙が有罪を認めたことが言及されており、彼は最近、制裁と送金の法律を破ったことで告発されました。

“詐欺師、犯罪者、テロリストは長い間人々をだましてきました”、ラマスワミ氏は言いました。”私たちの規制は現在の状況に追いつく必要があります。”

“SBFがFTXでやったことは、彼らが持っているものが現在の枠組みではうまく機能していないことを示しています”、彼は続けました。

ラマスワミ氏は、暗号を自分のキャンペーンの一部に明確に位置づけている政治家の一人です。

ラマスワミ氏は、SECの労働力を大幅に削減し、暗号産業の規制を緩和する計画を発表し、多くの暗号通貨を米国証券取引委員会(SEC)の管轄外の商品として扱うことを提唱しています(CoinDeskの報告による)。

“ゲーリー・ゲンスラー、SEC議長が議会の前でイーサリアムが規制された証券かどうかを確認できなかったことは、恥ずべきことです”、ラマスワミ氏は言いました。”これは行政国家が行き過ぎた別の例です。”

民主党として大統領選に出馬したロバート・F・ケネディ・Jrは、ビットコインを資本利得税の対象から除外することを提案し、ドルを金やビットコインのような資産でバックアップし、ビットコインの自己保管権利をサポートし、ブロックチェーンノードを運営する権利をサポートし、ドルを強化し、金融の革新とプライバシーを促進することを目指しています。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)も討論会で言及され、フロリダ州知事のロン・デサンティス氏は、彼が大統領になった場合、CBDCは「失敗続き」となると述べました。CBDCは、夏にフロリダの政治で最も話題となった問題の1つだったようで、通常よりも多くの電話がその件で彼の事務所にかかっていたそうです(詳細はこちら)。

デサンティス氏は、CBDCを禁止するとする法案に署名しましたが、その法律が実際に何かをするのかについては専門家が疑問を呈しています。

討論会の後半では、ラマスワミ氏が2021年1月6日の米国議会議事堂への襲撃は内部の仕事であり、大代替説は「民主党の基本的な声明」と主張しました。

アップデート(2023年12月7日、03:03 UTC):CDBC言及の詳細を追加。

ニキレシュ・デによる編集。