バイナンス、欧州市場からのプライバシーコインの削除決定を撤回

Binanceは、ヨーロッパで特定のプライバシーコインの上場廃止を計画していた初期計画を撤回することを決定しました。この方針の転換は、取引所が現地の規制要件に合わせるために運営を改訂した後に行われました。

Verge(XVG)およびSecret(SCRT)暗号通貨の開発者によると、重要な成果が達成されました。7つのプライバシーに焦点を当てたトークンの上場廃止が阻止されました。これらのトークンはリスクが高く、リストから削除される可能性がありましたが、無事に保持されました。

6月26日に暗号通貨取引所から受け取ったコメントによると:

コミュニティと数多くのプロジェクトからのフィードバックを慎重に検討した結果、私たちはプラットフォーム上のプライバシーコインの分類方法を見直し、EU全体の規制要件に準拠することにしました。

暗号通貨取引所はまた、欧州連合の複数の管轄区域で登録取引所の地位を持っているため、現地の規制に従うことが義務付けられていると述べました。

これらの規制要件は、取引所がプラットフォームに上場されたコインを含む取引を監視できる能力を持つことを義務付けています。

5月に、Binanceはフランス、イタリア、スペイン、ポーランドの顧客にメールでサービスの変更について通知しました。そのメッセージでは、匿名の取引を可能にする12の暗号通貨の取引サービスを中止することが明記されていました。

モネロ、ダッシュ、Zcashなどの有名なプライバシーコインに加えて、XVGやSCRTなどのあまり知られていないトークンも取引停止の対象となっていました。

プライバシーに焦点を当てたトークンの上場廃止の撤回に続いて、いくつかのプロジェクトがTwitterをプラットフォームとして、コミュニティメンバーに安心感を提供するために利用しています。

BinanceはEUがデジタルアセットの基準を設定するにつれて準拠します

プライバシーに焦点を当てたトークンの上場廃止の決定は、欧州連合が「暗号資産市場における取引に関するマーケット規制(MiCA)」を実施したことに対する反応として行われました。

この規制には、暗号通貨取引における「トラベルルール」が含まれており、透明性と情報共有を強化することが求められます。そのため、プライバシーコインの取引を促進する企業が欧州連合の法律に違反する可能性があります。

欧州の政策立案者は、欧州を暗号通貨とデジタルアセットの主要な拠点に位置付けることを目的に明確な規制を定めました。7月には、欧州証券市場監督機構(ESMA)がMiCAの協議プロセスを開始する予定です。

これらの法律には、規制枠組みの完全なコンプライアンスと効果的な実施を保証するための18か月の実施期限があります。

Rippleを含む暗号通貨企業は、MiCA(暗号資産市場における取引に関するマーケット規制)規制によって提供される規制上の明確さに感謝を表明しています。

Binanceがプライバシーコインのサポートを中止する決定は、ヨーロッパのこれらの暗号通貨の支持者にとって大きな打撃となりました。Kraken、Huobi、Bittrexなどの主要取引所も、モネロやダッシュなどの人気のあるプライバシーコインをすでに上場廃止しています。

ドバイ、日本、韓国などの他の管轄区域では、匿名性を高める暗号通貨に厳しい姿勢をとる当局があります。これらの政府は、明示的な取引と発行の禁止がある場合には、完全な禁止措置を導入するなど、明確なアプローチを採用しています。