バイナンスは、SECの告発に続き、「法律の全範囲にわたって戦う予定」である

バイナンスは、米国証券取引委員会(SEC)が同社およびCEOのChangpeng Zhao氏に対して起こした13件の訴訟は「暗示的かつ誤った指導と透明性が必要な暗号通貨業界に必要な明確性と指導を提供することを拒否したもう一つの例」であり、「他の同様の訴訟を受けている暗号通貨プロジェクトと同じように、今回の行動も、この動的かつ複雑な技術が要求する慎重で微妙なアプローチではなく、執行と訴訟の鈍器で規制することを決定した」と、月曜日にブログ投稿で述べました。

世界最大の暗号通貨取引所であるバイナンスは、この機関の訴訟に対抗する可能性も高いようです。

「…私たちは米国のデジタルアセット市場参加者とともに、SECの最新の過剰な行動に反対する立場にあり、法律の全範囲で戦う準備ができています」と、取引所は述べています。

何が起こったのか?

バイナンス・ホールディングス社とその米国の関連会社は、未登録の取引所として運営することから未登録の証券を提供することまで、様々な訴因でSECに起訴されました。

「複数の未登録のオファリングに従事しているだけでなく、取引所、ブローカー、ディーラー、クリアリング業者の機能を組み合わせながら登録を怠ったことで、Zhao氏の支配下にあるバイナンス・プラットフォームは投資家に対して異常なリスクと利益相反を課しました」と、SECの執行部門長であるGurbir S. Grewal氏は声明で述べています。 「それらのリスクと利益相反は、バイナンス・プラットフォームの透明性の欠如、関連取引への依存、および操作的取引を防止するためのコントロールに関する嘘などによってさらに高まっています。」

バイナンスは、ブログ投稿でも、バイナンスおよび関連プラットフォーム上のすべてのユーザー資産が安全であると主張しています。

「むしろ、SECの行動は、他の規制機関から管轄権を主張しようとする試みの一環であり、投資家はSECの優先事項ではないようです。私たちの規模とグローバルな名声のため、バイナンスは、米国の規制競争の真っ只中に取り残された簡単な標的です。」と、取引所は述べています。