「バイナンス、アメリカの犯罪事件を$4B以上で解決するための交渉中 CZはまだ起訴される可能性あり:Bloomberg」

「バイナンス、アメリカの犯罪事件を$4B以上で解決するための交渉中 CZはまだ起訴の可能性あり:Bloomberg」

バイナンスホールディング株式会社には、米国司法省の複数の犯罪的違反の告発に対して40億ドルの支払いが求められる見通しです。これに関する交渉についてのブルームバーグニュースの報道によると、創業者であるチャンペン “CZ” チャオも米国の刑事告発の対象となる可能性があります。

バイナンスは、マネーロンダリング、銀行詐欺、米国の制裁法違反などの容疑について、長期にわたり米国当局の調査を受けており、交渉は近くまとまると報じられています。

司法省の広報担当者はCoinDeskにコメントを控えました。バイナンスは即座にコメントの要請に応じませんでした。

バイナンスとCZは、米国内での幅広い調査と告発に直面しており、米国証券取引委員会および商品先物取引委員会からの関連法執行措置も含まれています。もしバイナンスが40億ドル以上の罰金を米国に同意すれば、それは暗号通貨史上最大の和解の一つとなりますが、その罰金に伴う他の条件や業務要件は不明です。

もし米国当局がUAEの居住者であるCZに対して犯罪を起訴した場合、彼は米国の引渡し条約を持つ国から引渡されるか、米国の領土に足を踏み入れる必要があります。

詳細はこちら: Binance Feels Strain of World’s Regulators Leaping Into Action

更新(2023年11月20日、18:00 UTC):和解の可能性に関する詳細を追加しました。