Binance(バイナンス)は規制上の懸念により、EUR銀行としてのパートナーであるPaysafeを失います

仮想通貨取引所のリーダーであるバイナンスは、ヨーロッパにおけるバンキングパートナーであるペイセーフを失いました。2021年にバークレイズとサンタンデールをバンキングパートナーとして失った後、バイナンスは2022年1月にペイセーフと提携しました。それ以来、取引所はヨーロッパでの存在感と拡大を図ってきました。したがって、ペイセーフの決定は取引所のヨーロッパにおける計画に打撃を与えることになります。

ペイセーフは規制当局に警戒

ペイセーフはバイナンスと提携しており、SkrillとNetellerという2つの人気のある電子ウォレットサービスを所有しています。これらのサービスを利用すると、ユーザーはバイナンスへのユーロの入金と出金ができます。しかし、9月25日からはヨーロッパ経済領域(EEA)のバイナンスユーザーに対してSEPAサービスが利用できなくなります。

ペイセーフはその決定の理由を詳しく説明していませんが、イギリス、ドイツ、イタリア、日本、カナダなど多くの国でバイナンスに対する規制圧力が高まっている中でこの動きが起きました。バイナンスは最近オランダとキプロスでの事業を停止し、ベルギーでのサービス停止を求められています。

一方、米国証券取引委員会(SEC)はバイナンスに対して適切なライセンスなしに運営し、未登録の証券を提供し、マネーロンダリング規制を破っていると非難しています。バイナンスはSECに対して失望を表明しましたが、世界の規制当局とパートナーと協力して取り組む姿勢を再確認しました。

バイナンスの困難:暗号通貨エコシステムへの潜在的な危険

一方、バイナンスはユーザーに対して別の決済サービスプロバイダーを探していると通知しました。また、この決定が他のサービスに影響を与えないことを再確認しました。

興味深いことに、バイナンスは最近コンプライアンスとガバナンスの基準を向上させる努力をしています。取引所は元規制当局や銀行家をアドバイザーや幹部として雇用しました。また、異なる管轄区域における地域本部の設立とライセンス取得の計画も発表しました。

しかし、一部のアナリストは、バイナンスの分散化とグローバルな構造が規制と監督を困難にしていると指摘しています。プロトコルのシニアレポーターであるトミオ・ジェロン氏など、一部の人々は、バイナンスがさまざまな地域に積極的に進出したことが、投資家保護を目指す規制当局の注目を集めたと考えています。

一致していることは、バイナンスの問題が市場の取引量と流動性の大部分を占めているため、広範な暗号通貨業界に損害を与える可能性があるということです。