バイナンスの訴訟が$700Mの引き出しを引き起こす;SECによって命名されたメタバーストークンが下落を引き起こす

米国証券取引委員会(SEC)が暗号通貨取引所Binanceとその創業者であるChangpeng “CZ” Zhaoに連邦証券法違反の疑いで訴えた後も、火曜日には暗号市場に減退の兆候は見られなかった。

Nansen.aiのデータによると、24時間以内にBinanceからすべてのプロトコルへの流出は7.19億ドルに達した。

米国の取引時間中、SECがBinanceに対する訴訟を発表した後、純流出額は2.3億ドルに達した。

見たところ減退の兆候が見られないということにもかかわらず、Nansenのデータによると、Binanceのステーブルコイン残高は健全な状態を維持している。取引所のステーブルコイン残高は現在、約80億ドルで、7日間の流出は5.19億ドル、つまり保有量の約6%に過ぎない。次に大きな残高を持つ取引所のOKXは40億ドルの残高を持っている。

韓国に拠点を置く暗号解析企業CryptoQuantは、Twitterのスレッドで、出金が過去の標準範囲内にあると指摘している。

SAND、MANAが下落をリード

訴状では、SECはBinanceのBNBトークン、Solana(SOL)、Cardano(ADA)、Polygon(MATIC)、Coti(COTI)、Algorandブロックチェーン(ALGO)、Filecoinネットワーク(FIL)、Cosmosハブ(ATOM)、Sandboxプラットフォーム(SAND)、Axie infinity(AXS)およびDecentraland(MANA)を含む多数のトークンが証券であると主張している。

これらのトークンのほとんどは、アジア市場の取引時間中も下落を続けた。

メタバースの主要なトークンであるSANDとMANAが下落をリードし、SANDは0.52ドルに13%、MANAは0.45ドルに11.6%下落した。一方、BinanceのBNBは276.48ドルに8%下落した。

Kocoo市場指数(CMI)はほぼ横ばいで、0.08%下落した。

CoinGlassによると、アジア市場の取引時間中には2600万ドルのポジションが清算され、うち1680万ドルがロングポジションだった。これにより、24時間以内のトータル清算額は2億9650万ドルに達し、その内の2710万ドルがロングポジションだった。

Parikshit Mishraによって編集されました。