Binance Labsのインキュベーションプログラムシーズン6がオープンし、AltSignalsのプレセールが96.71%に達しました

  • Binance LabsはWeb3イノベーションのためのシーズン6インキュベーションプログラムの申請を受け付けています。
  • このインキュベーションプログラムは、スタートアップ企業に対して特別なリソースとメンタリングを提供します。
  • 同時に、AltSignalsのプレセールの第一段階は96.71%に達しています。

Binance Labsの名声あるインキュベーションプログラムの第6シーズンは現在申請を受け付けています。このプログラムの目標は、デジタル革命の最前線で急速に拡大しているWeb3業界におけるイノベーションを促進することです。

Binance Labsのインキュベーションプログラムの第6シーズンは、暗号通貨ベースのAIプロジェクトであるAltSignalsが自社トークンASIのプレセールを実施している時期に開催されます。

Binance Labsは、スタートアップの成長を加速させることで実績を持っています。前シーズンのプログラムには900以上の申請がありましたが、厳格な審査プロセスの結果、12のプロジェクトチームが選ばれました。これらのチームは、インフラ、セキュリティ、分散型金融(DeFi)など、さまざまな業界を代表しています。

その中から、Binanceは5つの優れたプロジェクトチームに投資し、このプログラムが発掘する潜在能力と才能の大きさを示しました。

AltSignalsの暗号通貨ベースのAIプロジェクト

AltSignalsは、人工知能によって駆動する完全に新しいトレーディングスタックの創造により、ブロックチェーン技術とAIを活用し、オンラインで利用可能な最高品質のトレーディングインテリジェンスを作成しています。

さまざまな理由から、AltSignalsは既に非常に有望な未来を持つ暗号通貨プラットフォームの一つとして賞賛されています。2017年に立ち上げられ、5万人以上のユーザーをサポートするコミュニティを築き上げ、特許取得済みのAltAlgoTMトレーディングインジケーターツールを提供しています。このツールの平均的な成功率は64%です。

AltSignalsは、AIの大きなポテンシャルを活用して、ActualizeAIトレーディングスタックの成功率を80%以上に引き上げる取り組みを行っています。AIプラットフォームの立ち上げに向けて準備を進める中、AltSignalsは現在、暗号通貨ASIのプレセールを実施しています。

ActualizeAIは、革新的な生成AIの機能を組み合わせて、利益をもたらす意思決定を可能にする非常に強力なオールインワンソリューションです。このツールは、機械学習アルゴリズムを使用してルールベースのロジックを適用し、市場の機能を理解します。自然言語処理(NLP)は、トレーダーの感情分析にも使用され、学習を高速化します。これにより、出力の品質、頻度、ボリュームが向上し、信頼性のある柔軟なトレーディングインサイトが提供されます。

ActualizeAIでは、リインフォースメントラーニングを使用して、ユーザーが最良の買い値と売り値を利用できるようにし、リスクとリターンのバランスを自動的に調整します。これにより、意思決定プロセスから感情を排除するのに役立ちます。システムは常に学習し、トレーディングシグナルの品質を向上させる最新の情報を提供します。

BinanceのWeb3向けのインキュベーションプログラム

この3ヶ月のプログラムは、この高速なセクターでの創業者の変化するニーズに特化して設計されています。教育プログラムは完全にWeb3スタートアップの創造に専念しています。プログラムのリソースは、創業者が概念を開発し、製品を反復する際に利用することが推奨されます。

この特別な機会には、一対一のメンタリングセッションや、BinanceやBinance Labsのポートフォリオ企業の創業者など、ビジネスの著名人とのファイヤーサイドチャットへのアクセスも含まれています。

さらに、インキュベーションプログラムでは、特定の関心分野のスタートアップを募集しています。インフラ、分散型金融(DeFi)、アプリケーションレイヤーなどがその中に含まれます。MEV、ZK Proofs、Layer 2 Scaling、Lending & Borrowing、Perpetuals & Derivatives、Investing、AI-Powered DApps、Web 2.5 DApps、Analytics、SocialFiなど、さまざまなサブ領域も含まれています。

Binance Labsは、これらの分野に集中することで、最も有望で革新的なWeb3プロジェクトを支援することを目指しています。