バイナンス・ラボは、インキュベーション・プログラム・シーズン5において、5つのプロジェクトへの投資を発表しました

BinanceのベンチャーキャピタルアームであるBinance Labsは、Incubation Programの第5シーズンに登場する5つのインキュベーションプロジェクトに投資しました。このプログラムは、チェーンに依存しないプログラムであり、革新的なプロジェクトを支援し、Web3の未来を形作ることに注力しています。第5シーズンのための8週間のカリキュラムの申し込みは、2022年8月15日に終了しました。

Binanceによると、第5シーズンのIncubation Programに参加するために900以上のプロジェクトが申し込みました。しかし、全申請プロジェクトのわずか2%未満しか承認されませんでした。最新のBinance Incubationイベントの選ばれたプロジェクトは、多様なWeb3セクターにまたがっています。ツール、分散型金融(DeFi)、ミドルウェア、およびインフラストラクチャを含みます。また、Binance Labsは、創業者のニーズに合わせてカリキュラムを設計しました。また、市場リーダーとのファイヤーサイドチャットや独占的なエコシステムリソースも提供しました。BinanceのチーフビジネスオフィサーであるYibo Lingは、公式のプレスリリースで次のように書いています。

「Binance Labsは、業界の進歩に貢献するスケーラブルなアーリーステージプロジェクトを支援し続けています。シーズン5のインキュベートされたプロジェクトが広範なWeb3エコシステムに与える肯定的な影響を見るのを楽しみにしています。」

Binance Labsは、Incubation Programの第5シーズンにおいて5つのプロジェクトに資金を提供

応募期間中、Binanceは、各インキュベーション創業者が業界のリーダーとの1対1のメンタリングセッションにアクセスできることを保証しました。さらに、創業者が進捗状況を定期的に追跡し、ヘルプやリソースを求めるためにBinance Labsチームと定期的に同期することを約束しました。プログラムで約束されたように、Binanceはインキュベーション期間中に1:1のコーチングを提供しました。これは、インキュベーションプロジェクトが実用的な製品を構築するのを支援するためでした。さらに、チームは最終的な投資決定に至る前に詳細な評価を実施しました。Binanceが投資する5つのプロジェクトを選ぶ前に、Incubation Programの応募者は業界のリーダーや投資家に向けてプレゼンテーションを行いました。ピッチングコンテストは、最初のメタバースピッチングコンテストであるBuild the Blockで行われました。

Binance Labsが第5シーズンのIncubation Programに投資する5つの優れたプロジェクトは、Bracket Labs、DappOS、Kryptoskatt、Mind Network、およびzkPassです。Bracket Labsは、シンプルなインターフェースでチェーン上でレバレッジ構造化製品を構築します。DappOSは、Web3への参入の障害を減らすためのオペレーティングプロトコルを開発することに焦点を当てています。DappOSは、Web3アプリケーションのアクセシビリティと使いやすさを向上させるソリューションを作成します。一方、Kryptoskattは、会計、税務報告、ポートフォリオ管理などの包括的なソリューションを活用して、世界中のユーザーにとってWeb3ファイナンスを簡素化します。Mind Networkは、ユーザーデータを保護する完全暗号化ネットワークです。一方、zkPassプロジェクトは、Web3アプリケーション向けのプライバシー保護身分証明ソリューションを提供することを目的としています。

Binance LabsがIncubation Programの今シーズンに投資することを発表するにあたり、チームはシーズン6に期待するよう観客にアラートを送信しました。それは以下のように述べています。

「我々は現在、プログラムに参加するアーリーステージプロジェクトの先見的な創業者を探しています。」

次シーズンの申し込みはまもなく開始されます。チームは公式のTwitterアカウントで詳細を投稿します。