フランス当局が調査中の取引所バイナンス:ブルームバーグニュース

Binanceは、フランス当局から「重大なマネーロンダリング行為」の調査を受けていることが、パリの公訴局の担当者がBloombergに明らかにした。

世界最大の暗号通貨取引所は、「不法なデジタル資産サービスの供与」という疑いでも調査されている。

Binanceの広報担当者は、先週フランス当局による現地調査を受けたとBloombergに語った。

「フランスでは、規制当局の現地調査は、すべての金融機関が順守すべき規制義務の一部です」と広報担当者はBloombergに語り、「Binanceはフランスの法律を遵守しています」と付け加えた。

Kocooは、以前にフランス当局がBinanceに対して調査を行っていることを報じた。

欧州や海外では

また、Binanceは金融当局に登録できなかったため、オランダ市場から撤退すると金曜日に発表した。

「私たちは引き続き、世界中の規制当局と協力して取り組み、ビジネスが完全にMiCA準拠になるように専念しています」と同取引所はTwitterで述べた。

MiCA、または市場における暗号資産は、欧州の画期的な暗号通貨規制枠組みである。

米国では、Binanceはこの月初めに証券取引委員会に訴えられ、連邦証券法を「明白に無視している」と13件の訴因のうちの1つとして、非登録取引所の運営などが挙げられた。

証券取引委員会は、BinanceのCEOであるChangpeng ZhaoとBinanceが、Binance.comプラットフォームを、様々な米国の法律に違反して運営していることを認識していたと述べた。

当時、Binanceの広報担当者は、証券取引委員会の訴因は「広範な協力と最近の善意の交渉」の結果だと、メールでKocooに語った。

「…生産的な関与を試みたにもかかわらず、SECは我々に適切な手順を与えず、一方的に訴訟を起こすことを選択しました」と広報担当者は語った。