仮想通貨取引所バイナンス、ビットコインライトニング統合を完了

Binance integrates Bitcoin Lightning.

今日、7月17日の最新の発表で、暗号通貨取引所のBinanceは、Bitcoin Lightning Networkの統合を完了したことを明らかにしました。その結果、BinanceのユーザーはBitcoin Lightning Network上での入金と出金を行うことができます。

公式の声明は次のようになっています:

「BinanceはBitcoin(BTC)をLightning Networkに統合しました。Bitcoin(BTC)の入金と出金は、Lightning Networkで利用できます」。

したがって、Binanceのユーザーは、Bitcoinの入金や出金時に「LIGHTNING」を選択することができます。BNB Smart Chain(BEP-20)、Bitcoin、BNB Beacon Chain(BEP2)、BTC(SegWit)、Ethereum ERC-20などの他のオプションも選択できます。

#BinanceはBitcoin(#BTC)をLightning Networkに統合し、入金と出金が利用可能になりました。

詳細はこちら 👇https://t.co/aIofPdtAGY

— Binance (@binance) July 17, 2023

Bitcoin Lightning Networkは、ビットコインブロックチェーンの第2層のスケーラビリティプラットフォームであり、ネットワークの混雑を軽減し、低コストの支払いを容易にする役割を果たしています。

Binanceは過去2か月間、Bitcoin Lightningテクノロジーの統合に取り組んできました。2023年5月初旬、Bitcoin Ordinalsの活動が高まり、Bitcoinの取引手数料が大幅に増加したため、Binanceは一時的に出金を停止しました。

6月には、BinanceのCEOであるChangpeng ZhaoがBitcoin Lightning Networkの統合に取り組んでいることを確認しました。この統合は、Bitcoinの取引をより迅速かつスケーラブルにすることを目指しており、トランザクションコストを削減し、トランザクション時間を短縮することで、ユーザーによりスムーズな体験を提供します。

Lightning Networkの統合は、Bitcoinの利便性と効率を向上させます。オフチェーンの機能を利用することで、ネットワークの混雑やトランザクションの遅延などの問題を解決し、Bitcoinのスケーラビリティを向上させます。

Binanceは、BitfinexやRiver Financial、OKX、Kraken、CoinCornerなどの他の有名な取引所と共に、Lightning Networkの採用に取り組んでいます。このネットワークは、Bitcoin取引における利点から取引所の間で人気を集めています。

4月には、CoinbaseのCEOであるBrian ArmstrongがCoinbaseでBitcoinのレイヤー2ネットワークの統合に興味を示しましたが、具体的な実施予定はまだ発表されていません。

Lightning LabsがAI開発者向けの新しいツールを発表

ビットコインのLightning Networkを開発する会社であるLightning Labsは、Open AIのChatGPTなどの人工知能(AI)アプリケーションをBitcoinネットワークと統合することができる新しいツールを導入しました。

Lightning Labsによると、現在の大規模言語モデルの主な課題は、インターネット上での支払いが組み込まれていないことです。

同社は7月6日の発表で、これらの新しいツールがBitcoinベースの支払いの速度、手頃な価格、利用の容易さを向上させると述べています。これにより、従来の高コストで限定的な支払い方法から離れ、代わりにLightning Networkのソリューションを活用できるようになります。