バイナンスが規制に直面:英国の登録がキャンセル、オランダとキプロスから撤退

Binanceに関する最新の開発によると、世界最大の仮想通貨取引所は、正式に英国での登録を取り消しました。英国金融行動監視機構(FCA)は、2023年5月30日にBinance Markets Limited(BML)の登録を解除するようBinanceの要求を承認し、同国で規制サービスを提供するための承認を終了しました。

BinanceがFCAとの登録を終了したことは重要な出来事のように思われるかもしれませんが、BMLは英国でビジネスを行うことはなく、ユーザーも持っていませんでしたので、取引所の運営に影響はありません。

Binanceの英国および欧州における成長のサブリージョナルマネージャーであるイリル・ラロ氏は、BMLがBinanceグループによる買収後、2020年以来休眠状態にあり、規制された活動には関与していなかったと説明しています。

3月には、Binanceは英国の顧客に対する英ポンドでの資金の出金または入金のプロセスを中止し、地元のパートナーPaysafeとの運営協定の終了に伴いました。Kaikoのデータによると、かつて取引所はスターリング建ての仮想通貨取引量において支配的な地位を占めていましたが、銀行パートナーを失うまでに至りました。

ラロ氏は、「BMLはBinance Groupによって2020年に成功裏に買収され、英国で規制されたビジネスを立ち上げることを目的としていました。しかしながら、この試みは成功せず、買収後は休眠状態に留まっています」と述べています。

仮想通貨取引所Binanceが規制上の壁に直面

Binanceが英国から撤退する決定は、仮想通貨取引所が直面する一連の規制上の問題の最中に行われました。米国証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)の両方がBinanceを訴え、誤解を招く行為や操作的な取引などのさまざまな違反行為を行ったと主張しています。

ネットヘルランドからの撤退は、登録要件を満たせなかったことが原因であり、キプロスではBinanceは暗号資産市場(MiCA)の枠組みの実施に備えて準備を進めています。

BNB price struggles as exchange battles regulatory headwinds | Source: BNBUSD on TradingView.com

2024年にMiCAが施行されることに伴い、BinanceはEU主要国での事業許可を取得することを目指しています。Binanceの英国および欧州における成長のサブリージョナルマネージャーであるイリル・ラロ氏は、同取引所がまだポーランド、スウェーデン、フランス、イタリア、およびスペインの規制された組織を持っていることを示唆しています。

ラロ氏は、「MiCAは、仮想通貨の規制に関する欧州の法律であるため、同社はEU諸国での事業許可を取得することに焦点を当てます」と強調しています。

Binanceが複数の市場から撤退し、規制上の問題が続くことは、同取引所が直面する監視の強化を示しています。しかし、Binanceの戦略ディレクターであるパトリック・ヒルマン氏は、米国での困難に直面しているにもかかわらず、同社が英国での規制にコミットしていることを表明しています。

ヒルマン氏は、「英国の規制当局と協力して、責任ある仮想通貨の採用と革新の発展を促進するために、建設的に取り組むことにコミットしています」と述べています。

Binanceがこれらの課題を克服するにつれ、同取引所が規制枠組みに適応し、仮想通貨業界の主要プレーヤーとしての地位を維持するかどうかは、今後の課題となるでしょう。