バイナンスCEO、流出したチャットログを非難し、著しい「損害」を認める

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏は、米国証券取引委員会(SEC)が従業員のチャット履歴をリークしたことを非難しました。

木曜日にOdaily Planet Dailyが共有した翻訳されたメモによると、CZ氏は従業員に宛てた手紙の中で、SECによるチャット履歴の使用は”ばかげている”と述べました。

“SECがこれをポスターにするのはばかげていますが、弁護士に任せましょう”と、仮想通貨のボスは書きました。

この警告は、SECが最近、「Sam Lim」という元コンプライアンス責任者とビジネス開発責任者の「アルビン」を含む従業員間のチャット履歴をスクリーンショットでリークしたことに続いています。

彼らの会話中、従業員たちは、自分たちのBNBトークンを暴落する前に「ダンピング」することを私的に話し合い、”無免許証券取引所を運営する”と軽蔑的に認めました。

仮想通貨のボスはまた、LimとAlvinの間のチャットが5年前の”個人的な”不満であったとしても、「それは私たちの評判(そして彼らの評判)に多大な損害を与えました」と指摘しました。

そして、いつかは役人の手に渡る可能性があるため、従業員に彼らのチャット履歴に注意するように促しました。

“バイナンスは調査に協力しています。彼らは通常、最初に私たちのチャット履歴を要求します。話すことはすべて裁判(またはインターネット)に載る可能性があります。”

さらに、翻訳されたメモによると、従業員が”Binanceでの仕事に満足していない”場合は、”真剣にキャリアオプションを考えるべき”だとZhao氏は述べています。

SEC、BinanceとCZに13件の告訴を提起

月曜日、SECはBinanceとそのCEOに対して、「連邦証券法を明確に無視した行為」として13件の告訴を提起しました。その中には、登録されていない取引所を運営することも含まれています。

SECは、BinanceがBNBトークンやBUSDステーブルコインを含む未登録の証券を一般の人々に提供することで、法律を破ったと非難しました。

SECがBinanceに課したその他の罪状には、ブローカーとして登録しなかったこと、取引所として登録しなかったことが含まれます。

SECは、Zhao氏とBinanceが、Binance.comプラットフォームを米国の様々な法律に違反して運営していることを知っていたと述べました。

さらに、SECは、Binanceと創設者であるChangpeng Zhao氏が、Binance.USプラットフォームが独立して運営され、米国の顧客がBinance.comプラットフォームを使用できないと主張することで、2019年にBAM ManagementとBAM Tradingを作成したと主張し、「米国の法律を逃れるための緻密な計画の一環として」、顧客の資産を混同させ、数十億ドルをBinanceの口座から銀行口座に移動させ、最終的にZhao氏が管理する銀行口座に入れたと非難しました。

しかし、CZ氏はその主張を否定しました。「すべてのユーザー資産は確認され、http://Binance.USプラットフォームから(もちろんユーザー自身が引き出す場合を除き)、決して出ていない」と彼は水曜日のツイートで述べています。