バイナンスCEOがバイナンス・ナイジェリア・リミテッドが詐欺行為を行っていると非難

Binance CEOのChangpeng ‘CZ’ Zhao氏が最近Twitterで、Binance Nigeria Limitedが詐欺であると主張し、同社は詐欺者として停止命令を発行したことを表明しました。

この通知は法的警告として機能し、Binanceブランドとの偽りの関係を主張する活動を直ちに停止するようにBinance Nigeria Limitedに要求しています。Binanceは、この手順を踏むことで、自社の評判を守り、ナイジェリア子会社に帰せられるいかなる不正行為からも距離を置くことを目的としています。

この大胆な主張により、暗号コミュニティに衝撃が走り、有名取引所のナイジェリア子会社の信憑性について疑問を呈する人が多くなりました。

一方、このニュースは、ナイジェリア証券取引委員会(SEC)がわずか数日前にBinance Nigeriaを同国で違法に運営しているとして告発した後に発表されました。証券規制当局は、Binance Nigeriaがナイジェリア市場内で暗号通貨取引所として運営するために必要な登録と規制承認を取得していないと主張しています。

したがって、規制当局はBinance Nigeriaに対して、即座に現地投資家に暗号資産の取引を勧誘することを停止するよう警告しました。さらに、規制当局は、地元の投資家が暗号資産に投資する際に必要な保護措置が欠如しており、投資全体を失うリスクがあることを地元投資家に注意しました。

最終的に、規制当局と共にBinanceが行う行動と決定は、今後の方向性を決定します。ナイジェリア市場内で信頼を再建し、持続可能な存在を確立するために、子会社は規制遵守、ユーザー保護、透明性を優先することが重要です。

Binance Nigeria Limitedの裏にある詐欺

調査によると、「Binance Nigeria Limited」はナイジェリアのCorporate Affairs Commission(CAC)に登録されたエンティティです。同社は2019年12月9日にCACナンバー-1639782で登録され、MABUSHI DISTRICTに物理的な住所がありました。

さらに、Google検索で提供された住所が建設会社であるGitto Costruzioni Generali Nigeria Ltdのオフィスの住所であることがわかりました。しかし、CACウェブサイトでの検索では、一致するレコードがないことが判明しました。

一方、「Binance Holdings Limited」という同様の登録詳細を持つ組織が存在するが、登録番号、登録日、または「Binance Nigeria Limited」のソーシャルメディアハンドルがないことから、追加の問題と潜在的な問題が発生しています。

特筆すべきは、アフリカ大陸で唯一認められているBinanceの腕はBinance Africaであることです。このプラットフォームは、TwitterとInstagramで青いチェックマークで確認されたソーシャルメディアアカウントと、45,000人のフォロワーを持つ未確認のFacebookアカウントを持っています。

Binance Africaは、アフリカ大陸全体でブロックチェーン技術と暗号通貨の採用を促進する重要な役割を果たしています。コミュニティの取り組みを通じて、Binance Africaは、ブロックチェーン技術、暗号通貨、および業界の関連開発の可能性について個人を教育し、参加させることを目指しています。