バイナンス、VASPライセンス獲得に失敗し、オランダからの撤退を発表

Binanceは、オフィシャルの発表によると、バーチャルアセットサービスプロバイダー(VASP)としてのライセンスを取得できなかったため、オランダ市場からの撤退を発表しました。

撤退の発表によると、Binanceは、即時効でオランダの新規ユーザーの受け入れを停止します。また、引き出しを除くすべてのサービスは、既存のオランダ在住のユーザーについては、土曜日の00:00から中止されます。

Binanceは、オランダの当局とVASPの公式登録を試みてきたが、うまくいかなかったと述べています。発表には以下のように記載されています。

「オランダの規制に準拠してオランダの住民にサービスを提供するための多くの代替手段を検討しましたが、残念ながら、現時点ではオランダでのVASP登録には至りませんでした。」

Binanceは、スウェーデン、ポーランド、リトアニア、スペイン、イタリア、フランスを含むいくつかのEU諸国でマネーロンダリング防止及びテロ資金供与防止の基準に準拠していると述べました。Binanceは、規制当局と協力することを確約し、オランダ当局との対話を継続することを約束しました。

Binanceが撤退に備える中、オランダ在住の既存ユーザーは、アカウントと資産に関する詳細を含むメールを受け取ります。メールには、各ユーザーが必要な手順も含まれます。Binanceは以下のように結んでいます。

「Binanceは、これが必要になったことを残念に思っていますが、オランダの規制当局と生産的かつ透明に関与し続けます。」

Binanceがオランダで罰金を課せられる

昨年7月、オランダ中央銀行(DNB)は、登録なしで同国で運営していたBinanceに330万ユーロ(約335万ドル)の罰金を科しました。当時の発表では、オランダの規制当局は、1年近く前にBinanceに公開警告を出したことを明らかにしました。最高銀行は、Binanceの大きな取引量、同国の顧客数、およびBinanceが世界最大の暗号通貨企業であることを考慮して、違反が「第3カテゴリの罰金」であると明らかにしました。罰金の最低額は200万ユーロで、最高額は400万ユーロです。

他の国々からの撤退

Binanceは最近、カナダ市場からの撤退を発表しました。取引所によると、ステーブルコインや投資家の制限に関する規制が理由の一部として、カナダはもはや魅力的な市場ではありません。Binanceは、他のオプションを探索しようとして長い時間をかけて市場からの撤退を延期したと述べましたが、うまくいきませんでした。オランダからの撤退を発表する通知と同様に、Binanceはカナダの規制当局と引き続き協力し、将来的に市場に戻ることを望んでいると述べています。

Binanceはまた、オーストラリアでのデリバティブライセンスを保持していません。オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、ローカルのBinance子会社であるOztures Trading Pty Ltdが保持していたライセンスを取り消したと発表しました。リリースによると、Binanceは取り消しを要請しました。2月に、ASICはBinanceの調査を開始し、一部のデリバティブアカウントの違法な閉鎖を調査しました。