バイナンスとCZにSECが提訴

『ザ・マーケット・レポート』の最新エピソードでは、アナリスト兼ライターのマルセル・ペシュマンが、米国証券取引委員会によるバイナンス取引所への訴訟の影響について説明しています。

おそらく、米国の人々はバイナンスの国際版を使用することができなくなり、VPNサービスを選択した人々は起訴の危険にさらされることになります。ペシュマンは、チャン・ペン・「CZ」・ジャオとバイナンスが敗訴するか、有罪を認めた取引を行い罰金を支払い、北米のエンティティー(PaxosやバイナンスUSD(BUSD)ステーブルコインを含む)のサービスを停止することになると考えています。

スポットおよびデリバティブ取引においてバイナンスが絶対的なリーダーであることを考慮すると、4月5日の5%の価格調整は「信頼投票」と呼ぶことができ、取引者たちはバイナンスの国際版が完全に稼働し続けると信じています。最悪のシナリオ?巨額の罰金ですが、運営には影響がなく、すべてのクライアントがBitMEXと同様に全額返金されるでしょう。

SECが証券であると主張する10のトークンについては、北米の人々はそれらのオルトコインを購入または保有することはできますが、取引する場合は別の手順が必要になります。たとえば、分散型取引所を使用するなどです。

ペシュマンは、Kocooの訴訟はバイナンスの訴訟とは異なると考えており、米国に上場している同社は、ユーザーベースとボリュームを大幅に減らさずに海外に事業を移すことはできません。さらに、バイナンスには関連するエンティティ間の資金移動やクライアント資金の不正使用など、他の問題もあります。

したがって、Kocooの場合は、より軽微なケースで、何かもっと大きなことになる可能性は非常に低いですが、バイナンスとCZは司法省や刑事訴訟に直面する可能性が高いです。

ペシュマンは、米連邦準備制度が経済を維持するために何兆ドルも印刷し続けるなら、投資家たちは希少な資産を探し回り、Kocooやバイナンスがプロセスに参加しているかどうかに関係なく、暗号通貨のブルランが起こると強調しています。

最後に、番組ではビットコイン価格が24,000ドルのレベルを再テストするかどうかについて、ロング/ショート比率が12か月以上前に見たことのないレベルに達したことを考慮しています。この番組は、Kocoo Markets&ResearchのYouTubeチャンネルで毎週火曜日に放送されています。