「バイナンスとCEOのチャンペン・ジャオ氏がSECの訴訟を却下するように動議を提出」

Binance and CEO Changpeng Zhao submit a motion to dismiss the SEC lawsuit.

出典:BinanceのYouTubeチャンネルのスクリーンショット

バイナンス、バイナンス.US、そしてチャンペン・ジャオは、米国証券取引委員会(SEC)によって提起された訴訟を却下する動議を共同で提出しました。

彼らの法的チームは、9月21日に提出された60ページの嘆願書で、SECが訴訟を起こすことによって規制の管轄範囲を超えたと主張しています。

被告は、SECが法的措置を取る前に仮想通貨セクターに対して明確なガイドラインを提供しなかったため、SECが実質的に権限を逆行させたと主張しています。

SECの訴訟は、Binance、ジャオ、およびBinance.USが、様々な仮想通貨を米国の投資家に対して取引および投資のために未登録の証券としてリストアップしたと非難しています。

この法的闘争は、Binance.USの顧客資金のアクセス可能性についての論争を引き起こしました。

BinanceはSECが「投資契約」の定義を拡大したと主張

却下動議で提示された主な主張の一つは、SECが「投資契約」の定義を広範な範囲の仮想通貨資産や取引にまで拡大したというものです。

Binanceとジャオの法的チームは、SECが証券法を解釈し、それを仮想通貨に適用する方法に基本的な欠陥があると主張しています。

嘆願書は、SECの訴訟が、具体的な規制ガイドラインが存在しなかった2017年7月以来の仮想通貨の販売に対してBinanceとその関連企業を責任追及しようとしているにもかかわらず、既存の証券法に堅固な基盤を欠いていると指摘しています。

この嘆願書は、SECの訴訟が既存の証券法の中で確固たる基盤を欠いていると主張しています。

SECは仮想通貨の規制に過剰な力を行使している

バイナンスとジャオの双方は、2019年以来、議会が仮想通貨とその取引プラットフォームの包括的な枠組みを確立するための数々の提案を検討してきたと主張しています。

これらの提案のいずれも、SECに仮想通貨業界に対する排他的な規制権限を付与するものではありません。

そのため、彼らはSECが仮想通貨セクターの規制管理を追求する際に過剰な行動をとっていると主張しています。

同じ日に別の56ページの提出で、Binance.US(法的にはBAM Trading Services Inc.として知られています)も起訴を却下するよう申し立てました。

SECによるBinanceとその関連企業への法的措置は、商品先物取引委員会(CFTC)による類似の訴訟に続いて行われたもので、Binanceに対して米国での違法な運営やCFTCへの登録の怠慢を非難しています。

Binanceへの規制行動、SECの訴訟を含むこれらの継続的な法的措置は、Binance.USでの取引活動に大きな影響を与えています。プラットフォーム上のデイリートレードボリュームは2022年9月以降、98%以上減少しました。これらの課題に対応するため、Binance.USは残りの従業員の30%を解雇し、社長兼CEOのブライアン・シュローダーが会社を離れました。