Binance AcademyはCourseraと提携し、ブロックチェーン技術の普及を推進します

Binance Academyは、トップの仮想通貨取引所であるバイナンスの教育部門であり、人気のあるオンライン学習プラットフォームであるCourseraと協力しています。公式アナウンスによれば、このパートナーシップは、ブロックチェーン技術のグローバルな普及を促進するために役立つでしょう。

Courseraの広範な視聴者を活用することにより、世界中で1億2400万人以上の学習者がいるBinance Academyは、単なるブロックチェーン技術の認識以上のことを提供することができます。

新しいパートナーシップにより、Binanceは、数か月以内に立ち上げることができる包括的な学習プログラムのセットを作成することを目指しています。

Binance Academyは、ブロックチェーン業界のグローバルな認知を目指しています

同社によれば、今後のプログラムは、ブロックチェーン、Web3、および暗号通貨技術に焦点を当てます。これらの分野についてのゼロ知識を持つ初心者向けのコースもあります。

Binanceは、ブロックチェーン業界内でのキャリアの機会を探求したい人々のために、認定コースも開発する予定です。

プログラムは複数のコースから構成され、ビデオ講義、読書、実践課題、評価課題なども提供されます。

最近のパートナーシップに関する声明で、Binanceの共同創設者であり最高マーケティング責任者であるイー・ヘは、同社はブロックチェーン技術を誰にでも利用可能にすることに焦点を当てていると述べ、Courseraがその目標を達成するためのプラットフォームを提供していると付け加えました。声明の一部は次のようになっています:

「私たちは、2つの業界リーダーの強みを組み合わせて、採用を促進し、Web3の基盤を築くための最高水準の教育を提供しています。」

なお、Courseraとのパートナーシップは、Binance Academyが取り組んでいる教育イニシアチブの1つにすぎません。現在、他にもマルチメディアコンテンツ、Learn & Earnキャンペーン、大学連携プログラムなどのイニシアチブがあります。

同社は常に教育が進歩とイノベーションの礎であるという信念のもとで活動しています。したがって、Courseraとのパートナーシップにより、同社はブロックチェーンの採用において先駆者となることが期待されます。しかし、さらに重要なことは、このパートナーシップが数百万人をデジタル経済に参加させるためのグローバルなシステムを作り上げる助けにもなるということです。