「高いガス料金の警告:Binanceウォレットが異常なイーサリアム料金で840,000ドルを記録」

Binanceウォレットが異常なイーサリアム料金で840,000ドルを記録

イーサリアム(ETH)ネットワークは、木曜日に異常に高いガス手数料の急増を経験しました。Etherscanはこれらのトランザクションを「Binance 14」とラベル付けされたウォレットアドレスに向けられたものとしています。

イーサリアムネットワークの平均ガス手数料は10 gwei程度でしたが、Binanceのトランザクションは一貫して300 gwei以上の手数料を支払っていました。必要な手数料の約30倍です。

300 gweiは約10ドルに相当します。

Recommended Ethereum transaction fees on September 22. Source: Etherscan

この非常に高額な支出により、イーサリアムネットワークのガス手数料が一時的に急増し、ユーザーはトランザクションの送信にかなりの費用を負担しました。

バイナンスは「ETHの定期的な統合」を確認

バイナンスはメディア声明で、これらのトランザクションは彼らによって開始されたと確認し、「ETHの定期的な統合」と呼んでいます。

取引所の広報担当者は「ガス料金への影響は意図せず、迅速に解決されました」と述べました。

これらのトランザクションは合計で530 ETH以上を排出し、ガス手数料では約840,000ドルに相当し、一時的にイーサリアムネットワークで最大のガス利用者となりました。

ウォレットアドレスは、その存在期間中に、受信および送信の両方のトランザクションを含めて、9500万ドル以上のトランザクション手数料を負担しています。

コミュニティの反応

この出来事は、コミュニティメンバーの間で広く共有されました。ユーザーの一人は、これが「長期間非アクティブな預金アドレスからの統合」であると述べています。

他の人々もこの異常なトランザクションについて意見を述べており、例えばDeFiプロトコルGnosisの共同創設者であるMartin Köppelmann氏は、バイナンスが「非常に効率の悪いスクリプト」を使用しているか、「何か怪しいことが起こっている」と提案しています。

最後に、一部のコミュニティメンバーは、バイナンスのウォレットチームを不具合の原因とし、チームのエンジニアを「無能」と非難しています。

ユーザーは「彼らは間もなく事例報告を公開するでしょう。そしておそらく誰かが解雇されるでしょう」と付け加えました。