「Binanceの米国子会社、Changpeng ‘CZ’ ZhaoがSECの訴訟を却下するために申請書を提出」

Binanceの米国子会社、CZがSECの訴訟を却下する申請書を提出

バイナンス、バイナンス.US、およびチャンペン・ジャオは、証券取引委員会(SEC)による訴訟を却下するよう申し立てを提出しました。彼らは、規制当局がさまざまな証券に関連する違反行為を「合理的に主張していない」と主張し、議会が明示的にそのような立法を定めていないにもかかわらず、デジタル資産をその権限の範囲に含めようとしていると述べました。

SECは6月にバイナンス、ジャオ、およびバイナンス.USを訴え、彼らがアメリカの投資家による取引と投資のためにいくつかの仮想通貨を違法に未登録の証券としてリストアップしたと主張しました。その訴訟は、バイナンス.USの顧客資金にアクセスできるのは誰かという問題についての法的な争いを引き起こしました。木曜日の提出書類では、バイナンスとバイナンス.USの弁護士は、証券法違反を主張することで規制当局が過剰に過ぎると主張しました。

提出書類の一つは、「最近SECは、この訴訟を含むいくつかの執行措置をもって、ほぼすべての暗号資産および暗号資産取引が証券であるという新たな立場に基づいています」と述べています。

もう一つの提出書類では、「投資契約」という用語を広く定義しすぎていると述べています。

両方の提出書類は、いわゆる「重大な問題の教義」についても同様の主張をしました。これは最高裁判所の判決であり、連邦機関は重要な経済または政治的な問題については議会の権限を待つべきであると指示されています。

「実際、2019年以来、議会は十数件以上の提案を検討してきました。それらは暗号資産とその取引プラットフォームについての一貫したかつ実効性のある枠組みを提供するものであり、重要なのは、これらの提案のどれもがSECに対して暗号通貨業界の独占的な規制権限を与えるものではないということです。それにもかかわらず、SECは現在、その権限を拡大し、この訴訟を提起し、バイナンス・ホールディングス・リミテッド(BHL)およびチャンペン・ジャオを含む他の関係者に対して請求を行っています」と提出書類には記載されています。

この論点については、法廷内で意見が分かれており、一部の裁判官は議会がデジタル資産の規制処理を明確化する必要があると判断し、他の裁判官は暗号通貨は重要性が不足していると判断しました。財務サービス委員会はいくつかの暗号通貨に関する法案を全会一致で可決し、上院を通過するかどうかはまだ不明です。