BinanceがBitcoin Lightning Networkを成功裏に統合し、より速く、安価な取引を実現

BinanceがBitcoin Lightning Networkを統合し、速く・安価な取引を実現

出典:AdobeStock / WrightStudio

仮想通貨取引所の巨人、Binanceは、Bitcoin Lightning Networkの統合を完了し、ユーザーがこの人気のあるLayer 2(L2)を介して世界最大の暗号通貨を入金および引き出しすることができるようになりました。

Bitcoin Lightning Networkは、スケーラビリティの問題に対処するための第2層の解決策です。ブロックの確認を待つ必要なく、支払いチャネルを使用して取引を決済します。

このプロトコルにより、ビットコインの取引がより速くなるだけでなく、手数料も安くなります。さらに、ネットワークのスループットが大幅に増加し、ユーザーのセキュリティと匿名性にも別のレイヤーが追加されます。

Binanceは、まず5月にL2の統合について話しましたが、未処理の取引のボリュームによる問題に直面しました。

それに続いて、6月にライトニングノードを設定しました。取引所は当時、「鋭い目のユーザーが最近、私たちの新しいライトニングノードを発見しました。そうです、それが私たちです」と述べ、「まだ技術的な作業が残っています」と付け加えました。

そして、今日、Binanceは統合を完了したと発表し、BTCの入金および引き出しが「ライトニングネットワーク上で開放されました」とのことです。

ユーザーは、ライトニングネットワーク内の割り当てられたビットコインの入金アドレスを「Deposit Crypto」ページで確認するよう指示されます。

取引所はまた、FAQページでネットワークを介してBTCの入金と引き出しの方法を説明しています。

「FUDする必要はありません」

Binanceは、本日、約10分間の間、引き出しシステムの「技術的な問題」が発生したと述べました。「今はすべて修正されました。FUDする必要はありません」とCEOのChangpeng Zhao(CZ)が付け加えました。

CZは最近の解雇のニュースにもコメントしました。取引所は最近数千人の従業員を解雇したと報じられており、さらなる解雇が予想されています。

ただし、CZは報道された数字は誇張されていると述べました。彼は「強制的な解雇」が起こったことを確認しましたが、会社はまだ採用を行っていると述べました。

それにもかかわらず、Binanceのトップエグゼクティブのいくつかは、先月、CZの米国司法省(DoJ)に対する対応に反応して辞任しました。

これには、ゼネラルカウンセルのHon Ng氏、最高戦略責任者のPatrick Hillmann氏、コンプライアンスのSVPのSteven Christie氏、および元IRSエージェントのMatthew Price氏が含まれます。

一方、数日前にはもう1つのBinanceに関連する重要なニュースがありました。BNB Beacon Chainのメインネットには、今後のハードフォークで新機能が追加される予定であり、特定のシナリオで新しいブロックの生成を「停止」することができるようになります。

7月19日に導入される「ZhangHeng」アップグレードで導入されるBEP-255は、調整エラーを特定した後、「ブロックチェーンがパニック状態になり、新しいブロックの生成が停止される」という機能を可能にします。

____

詳細はこちら:

– Binance CEO:取引所は増加する暗号通貨の取引量に備えています- 仮想通貨ニュース:BNB Beacon Chainのアップグレードにより新しいブロックの生成が停止されるようになります- Binance Australiaが調査の対象に、規制当局によるオフィスの捜索も- Binanceで暗号通貨を獲得する22の方法