イスラエルで外国人を暗号通貨の税金から免除する法案が予備審議を通過

イスラエルの外国人居住者は、デジタル通貨の売却においてキャピタルゲイン税の免除を受けることができます。この免除と他の税制上の恩恵をデジタル資産保有者に与える法案が、6月5日に国会であるクネセトを通過しました。

この法案は、従業員の株式オプションと暗号通貨のボーナスを現行の50%から25%に引き下げることで、暗号通貨のボーナスを株式オプションと同等のものにすることも提案しています。この法案は、クネセト議員のダン・イルーズが提案しており、イルーズによれば、この法案は与党連立政権の完全な支持を受けています。

法案の説明書によれば、この法案は投資家からの国への魅力を高めることを目的としています:

「イスラエル企業の成長潜在能力にもかかわらず、イスラエルの規制状況はデジタル通貨業界に適応していません。そのため、規制のギャップを埋めるためのいくつかの立法改正を行うことが提案されています。」

イスラエル暗号通貨企業フォーラム(ICBW3)の共同創設者であるニル・ヒルシュマンとシャウリ・レジュワンは、Kocooに説明しました。「この昨夜の投票結果の意義は、イスラエルが積極的に暗号通貨を支持していることです。イギリスのリシ・スナックやヨーロッパ各国の立法者と同様に、財務大臣のベザレル・スモトリッチは地域のセクターを活性化させ、グローバルな投資家や企業に明確なビジネス参入の呼びかけを発しています。イスラエルはあなたを私たちの国でビジネスをするよう招待します。」

法案はまた、「デジタル通貨」と「証券」という用語を別々に使用することを提案しています。しかし、2023年の始めには、イスラエル証券庁(ISA)は提案された規制フレームワークで、デジタル資産を「証券」のカテゴリーに含めることを提案し、業界で懸念が生じました。

4月には、イスラエル銀行が中央銀行デジタル通貨プロジェクトを予告しました。しかし、「正式な決定はまだ行われていません」と述べています。銀行の特別委員会はまた、デジタルシェケルの開発と展開の可能なシナリオを概説しました。