バーンスタイン:ビットコインのマイニングは神経戦であり、AIの多様化が見られるかもしれません

7月7日(金)、プライベートウェルスマネジメント大手のバーンスタインは、2022年に厳しい暗号通貨の冬を経験した後、ビットコインマイニング企業が今年好調であるという報告書を公表しました。

ビットコイン価格の急騰に伴い、上場企業のビットコインマイニング企業の株価も今年に入って倍増しています。バーンスタインは、暗号市場の強力な回復と機関投資家の参加がビットコインマイニング業界の成長に重要な役割を果たしていると指摘しました。

報告書はまた、一部のビットコインマイナーが「収益多様化戦略」の一環として、ハイパフォーマンスコンピューティングと人工知能(AI)に新たな機会を見出していることも述べています。ゴータム・チュガニ率いるバーンスタインのアナリストは次のように書いています:

「これは生き残りのためのユニークなゲームであり、低コストと保守的な債務プロファイルを持つ最高クラスのマイナーが生き残り、能力と市場シェアを統合し、ビットコインの価格が生産コストを上回った場合にハイパーノーマルな利益を得ることができます。」

ビッグクリプトマイニングプレーヤーは生き残る

バーンスタインはまた、暗号マイニング業界は大手プレーヤーに有利に大きく統合されると指摘しています。これは、暗号マイニングがより資本集約的になり、小規模プレーヤーが生き残るのが難しくなっているためです。

バーンスタインは、大きな債務を抱えるマイニング企業が生き残るのは困難であり、しばしば市場の下降に屈すると指摘しています。最近のコアサイエンティフィック(CORZQ)の破産もそれを証明しています。

仲介業者によると、マイニング業界の統合の初期段階は既に行われ、残りのマイナーはビットコインのハーフィングに向けて能力を拡大しています。ハーフィングはおおよそ4年ごとに起こり、マイニング報酬を減らすことが多く、BTCの価格上昇につながることがよくあります。次のハーフィングは2024年4月頃に予想されています。

同様に、ウォールストリートの著名な企業であるJPMorganは最近のレポートで、ビットコインマイニング業界は徐々に統合され、より競争力を持つようになると述べています。生産コストが低いマイナーのみが長期間にわたって運営を維持できるとされています。

ビッグクリプトマイニングプレーヤーは既に大胆な措置を取っています。ビットコインマイニングの巨大企業であるHut 8は最近、Coinbaseから5,000万ドルのクレジットラインを確保して事業を拡大しました。