ベラルーシはP2P仮想通貨取引を禁止したいと考えています

ベラルーシ外務省は、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨によるピア・ツー・ピア(P2P)取引を禁止する法律改正に取り組んでいます。

7月2日、同省はTelegramで新しい立法について公式発表し、個人間でのP2P暗号通貨取引を禁止することを明らかにしました。

同省は、ベラルーシにおけるサイバー犯罪の発生率が高いとし、地元の検察当局が2023年1月以来、27人の市民が「違法な暗号通貨取引サービス」を提供している活動を抑制してきたと述べました。彼らの合計の違法収入は、約2,200万ベラルーシ・ルーブル(約870万ドル)に上ります。

同省は、暗号通貨のP2Pサービスは「詐欺師にとって需要があり、盗まれた資金を現金化し、転送し、犯罪の計画者や参加者に送金するために使用されます」と主張しました。

こうした不正行為を取り締まるため、同省は個人間のP2Pを禁止し、ベラルーシ・ハイテクパーク(HTP)に登録された取引所を通じてのみ仮想通貨の交換を許可する予定です。規制当局は次のように述べています。

「外務省は、個人間の暗号通貨交換取引を禁止する法的なイノベーションに取り組んでいます。透明性と管理のため、市民はHTP取引所を通じてのみそのような金融取引を行うことが許可されるでしょう。」

同省はまた、外貨を交換する手続きと同様の手法を導入する計画もあると述べており、「違法な活動から得た資金を引き出すことが不可能になる」としています。

同省は「このような条件の下では、情報技術詐欺師がベラルーシで活動することは単に不利益になるでしょう。」と述べています。

ベラルーシのニュースに対して、多くの仮想通貨愛好家が政府がP2P暗号通貨取引を禁止する能力に疑問を呈しています。「頑張って実施してください」と、1人の仮想通貨観察家はTwitterで述べました。

関連記事: IMFによると、仮想通貨の禁止は長期的に効果的ではないかもしれない

P2P取引はビットコインの元々のアイデアであり、匿名のBTCの創設者である中本哲史が白書に記載しています。Jan3 CEOのサムソン・モウなどのビットコイン支持者によると、P2Pの禁止は容易な課題ではなく、不可能な場合もあります。同社の幹部は6月にKocooに対して、中国の多くのユーザーが2021年に国がすべての暗号通貨取引を禁止したにもかかわらず、まだP2Pチャネルを使って自分の暗号通貨を交換していると語りました。

ベラルーシからの最新のニュースは、最近のベラルーシが可決した立法とはやや矛盾しています。2022年、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は、ビットコインなどの仮想通貨の自由な流通を正式に支持するとする大統領令に署名しました。

雑誌: AI Eye: AI旅行予約は滑稽に悪い、ChatGPTの3つの奇妙な使用法、暗号プラグイン