「バンキング大手のバークレイズがXRPの判決がCoinbaseにとってポジティブになる理由を説明」

Barclays, a major banking institution, explains the reasons why the XRP ruling is positive for Coinbase.

英国の銀行大手バークレイズは、7月17日の月曜日に発表した調査レポートで、米国南部地区裁判所による最近のXRPの判決は、暗号通貨取引所Coinbaseにとって「増加的にプラスの影響」をもたらすと述べました。

バークレイズは、「一部の場合にトークンが証券でない可能性があるという解釈を考慮すると、我々はこの判決をCoinbaseにとって増加的にプラスのものと見ています。これは将来のトークン発行に対して増加的な明確さを提供する可能性もあります」と述べています。

しかし、Coinbaseは、Coinbase(COIN)株のアンダーウエイトの評価を維持し、目標株価は70ドルとされています。バークレイズは7月13日にCoinbase株の評価をイコールウエイトからアンダーウエイトに引き下げました。月曜日の終値では、COIN株は105ドルの水準で取引されています。

最近5週間で142%の価格上昇を見せたCoinbase(NASDAQ:COIN)株は話題となっています。また、COIN株価の大幅な上昇は、金融大手のブラックロックが、スポットビットコインETFの申請のための優先カストディアンとしてCoinbaseを指名した後に起こりました。

ウォールストリート企業がCoinbaseに対して楽観的な評価を出しています

JPMorganやNeedhamなどのウォールストリート企業もCoinbaseに対して楽観的な評価をしています。銀行大手JPMorganは先週の金曜日に、COIN株に対して中立的な評価を下しました。以下のように述べています。

「Coinbaseは、改善された信頼性と規制上の明確さから最も恩恵を受ける立場にあり、業界での評判も高いため、最も有利な立場にある」とJPMorganは指摘しています。

Needhamのアナリストであるジョン・トダロは、COIN株の買い評価と120ドルの目標株価を持っており、RippleのXRPトークンに関する最近の判決は、Coinbase株に対する規制上の懸念をいくらか軽減するだろうと述べています。7月13日の発表以降、Coinbaseの株価は約30%上昇しました。

ARK Investment Managementの創設者兼CEOであるキャシー・ウッドも、XRPの判決に続いてCoinbaseに対して楽観的な見通しを示しています。ウッドは、判決が完全にRippleに有利ではなかったとしながらも、特に暗号通貨取引所へのポジティブな影響を強調し、結果に満足していると述べています。また、ウッドは、3月のウェルズ・ノーティスと6月のSECの訴訟など、規制上の課題に直面しながらも、Coinbaseの株価が堅調であり、新たな安値に達していないことを認めています。この堅調さは、Coinbase株の強力な価値と安定性を示しています。

SEC対Coinbase

先月、米国証券取引委員会(SEC)は、暗号通貨取引所Coinbaseに対して未登録の証券取引所としての運営を申し立てる訴訟を起こしました。最新の報告によると、Coinbaseの最高経営責任者であるブライアン・アームストロングは、水曜日に下院民主党の議員と会う予定です。

情報筋によれば、アームストロングはニューデモクラット連盟の議員と非公開の議論を持ち、デジタル資産の立法と関連する懸念事項、税金、国家安全保障、プライバシー、気候などについて話し合う予定です。この会議は、Coinbaseが証券取引委員会からの訴訟に直面している間に行われます。

Coinbaseの最高経営責任者は、ワシントンでデジタル資産に関するより明確な規制を主張しています。Coinbaseはアメリカに拠点を置いているため、暗号通貨取引所が規制当局に登録する方法に関するより良いガイダンスを提供する2つの提出中の法案を議員に検討するよう要請しています。

ニューデモクラット連盟は、100人の中道左派のメンバーで構成され、そのウェブサイトでは、革新的で包括的で将来志向的な政策を推進するために、党派を超えて協力することを目指していると述べられています。