破産したビットコインマイナーのCore Scientificが第11章計画を提示し、成功裏に復興することに楽観的である

米国のビットコイン(BTC)マイニング企業であるCore Scientificは、米国破産法第11章に基づく再編成計画を提出し、債権者に対する債務の一部を株式に変換することを計画しています。

この提出は、水曜日にテキサス州南地区で行われ、マイニング企業が債権者グループによる再編成計画に同意したことを示しています。これにより、債権者は同社の97%の所有権を持つことになります。

この計画では、現在のCore Scientific株主も一部の所有権を維持し、完全に消滅することを避けることができます。

この計画により、Core Scientificは数億ドルの債務を清算し、年間の利息費用を大幅に削減することができます。

同社は、破産手続き後の新しい姿に関して「できるだけ多くの合意を得ようとしている」と述べ、ビジネスの未来的な復活に対して楽観的であることを強調しました。

再編成提案は、まだ裁判所の承認を受ける必要があります。

破産から6か月後に計画が発表される

再編成計画は、主要関係者との交渉の結果であり、企業が最初に破産保護を申請してから6か月後に発表されました。

当時、同社は破綻した暗号通貨貸し手であるCelsius Networkからの700万ドルの未払い債務を原因として破産を申請したと述べていました。

同社はまた、2022年9月30日までの3か月間で434.8百万ドルの純損失を被り、破産申請時にはわずか4百万ドルしか流動資産がなかったと述べていました。

Core Scientificの株式は、OTC市場でCORZQのティッカーシンボルで取引されていますが、再編成計画が公表された水曜日に11%以上上昇しました。

上昇は木曜日にも続き、スポットビットコイン市場全体の好調なセンチメントに支えられ、12%上昇しました。

過去12か月間、株価は依然として76%下落し、0.51ドルで取引されています。