フランス銀行総裁がユーロCBDCの必要性を推進

フィンテックの世界で進化が続く中、Banque de Franceを含む中央銀行は、従来の法定通貨の代替として中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念を積極的に調査しています。

そのため、これらの議論の最前線にいる人物の一人であるBanque de Franceの総裁であるFrançois Villeroy de Galhauは、商業銀行家に提案されたユーロCBDCをソフトに売り込む外交的なアプローチを取っています。今年のグローバル公式機関会議での講演で、Villeroy de Galhauは、CBDCが「問題を解決するための解決策」であり、法定通貨との競合相手ではないと強調しました。

疑いや抵抗を払拭する必要性に気づいた彼は、次のような興味深い質問を投げかけました。

「すべてがデジタル化されつつある中で、中央銀行のお金だけが紙のままである理由は何ですか?」

この修辞的な質問で、Villeroy de Galhauは、中央銀行のお金に関する従来の考え方に挑戦し、革新の必要性を強調しました。

Galhauによれば、提案されたeユーロ、または「Cash+」は、従来の現金の利点とデジタル通貨の機能を組み合わせたデジタル紙幣として設計されています。欧州中央銀行理事会の承認を受ければ、Villeroy de Galhauは、デジタルユーロを2027年または2028年に段階的に導入する予定だと述べています。

フランスCBDCの機能

中央銀行総裁が強調するeユーロの主要な機能の1つは、プライバシー保護の確保です。この機能は、プライバシーに関する懸念を解消し、物理的な現金取引に類似した匿名性を提供するため、金融プライバシーを重視する人々にとって魅力的なオプションとなっています。

さらに、Villeroy de Galhauは、eユーロの基本的な機能が個人にとって無料であることを強調しました。このアプローチは、デジタル紙幣をすべての人にアクセス可能にし、金融包摂を優先することを目的としています。また、eユーロは、従来の現金以外の中央銀行のお金の範囲を拡大し、個人がeコマース取引で使用することができます。

Villeroy de Galhauは、市民がデジタルユーロにアクセスして使用することを可能にするのは中央銀行の責任であると述べました。ただし、デジタルユーロを利用するかどうかの決定は、最終的には個人の自由に属すると強調しました。

さらに、彼は、デジタルユーロが従来の通貨を置き換えることを意図しているわけではなく、既存の支払いオプションを補完することを目的としていると強調しました。異なる形式のお金が共存することで、個人は自分の特定のニーズと好みに最も適した支払い手段を選択することができます。

Villeroy de Galhauが最近の銀行危機に言及

彼の講演では、Villeroy de Galhauは、eユーロだけでなく、今年早期の銀行危機とそのユーロ圏への影響についても触れました。

彼は、ユーロ圏の銀行システムが危機の間も安定していたことを認め、ヨーロッパの規制と監督をその強靭性の理由として挙げています。Villeroy de Galhauは、ヨーロッパ中央銀行(ECB)が「ユーロシステムの解決力」を提供するための枠組みがまだ確立されていないと指摘し、Credit Suisse Group(NYSE:CS)のUBS Group AG(SWX:UBSG)による買収など、一部の出来事が信頼性のある危機対応に関する新しい問題を提起したことを明らかにしました。