イギリス銀行、製造業およびビジネス活動の減少を受け、イギリスの利率据え置きを再び決定

「イギリス銀行、製造業およびビジネス活動の不振を受け、イギリスの利率を再び据え置きすることを決定」

イギリス銀行(BoE)は、記録的な価格圧力と経済活動の減少を受けて、木曜日に英国の金利を据え置くことが予想されています。現時点では、市場は中央銀行が金利を増減させない可能性が93%と評価しています。

9月の英国のインフレ率は6.7%であり、アナリストの予想に比べて高い数字でしたが、8月の数字と変わりませんでした。 BoEは、2021年12月から連続して14回もの利上げを行っており、金利を0.1%から5.25%に引き上げました。金利の引き上げについては、モンタリーポリシーコミッティは以前の投票で5対4の賛成で据え置きを行いました。

先週発表されたS&P Global / CIPS Flash United Kingdom PMIによると、10月におけるビジネス活動は3か月連続で減少しました。このレポートには、2008/09年以来の最長の減少である月次製造出力の8回連続の減少が記録されています。S&P Global Market Intelligenceの最高経済アナリストであるクリス・ウィリアムソン氏は次のように述べています。

「イギリス経済は、生活費の上昇、金利の上昇、輸出品の減少が原因で3か月連続での減少発表となった」とウィリアムソン氏は述べています。

このレポートでは、新規業務とバックログの減少、民間部門の雇用の2か月連続の減少も示されています。

英国の金利はまだ上昇する可能性があります

Allianz Global Investorsのマクロ非制約部門の責任者であるマイク・リデル氏は、英国経済が低迷しており、消費支出と住宅市場が減少していると指摘しています。彼は賃金の伸びが増えたことに言及しますが、リデル氏は労働市場の弱さを示す他の指標からみて、成長が持続可能ではないとは楽観的ではありません。 BoEは金利を据え置くと予想していますが、ハイクキャンペーンが重大な影響を及ぼしたかどうかは疑問です。

「疑いなく、BoEは経済データがその必要性を示す場合にはまだ金利を上げることを示すでしょうが、最近投票メンバーのスワティ・ディングラ氏が指摘したように、金融政策の変化と経済への影響の間の時間的なラグの長さから考えると、このサイクルでのBoEのすべての利上げのうち、まだ最大で四分の一しか英国経済に影響を及ぼしていない」と述べています。

イギリス銀行の金利引き上げを一時停止する決定には、長くは持続しない可能性があります。モンタリーポリシーコミッティ(MPC)のメンバーであるキャサリン・マン氏によると、英国の生活費の持続的な上昇により、銀行が金利引き上げを再開する保証はありません。リデル氏は、市場が将来的には4%を下回る金利を再び目にすることはないかもしれないと述べています。

昨年11月、英国のインフレ率は11.1%という41年ぶりの高水準から10.7%に減少しました。それは3月に倍率のままであり、2022年8月以来初めて4桁を下回り、国立統計局(ONS)によれば前月から10.1%から8.7%に下がりました。 6月までにはさらに減少し、7月には6.8%まで減少しました。