イギリス銀行がNuggetsと提携し、CBDCのプライバシーとセキュリティを強化

イギリス銀行は、ブロックチェーンベースのアイデンティティおよび支払いプラットフォームであるNuggetsとのパートナーシップにより、デジタルポンドの発行に一歩近づきました。この二者は、イギリスの提案されている小売りCBDCのためのプライバシーレイヤーの設計に協力します。

Nuggetsは、以前に国際決済銀行とイギリス銀行と共同でロザリンドプロジェクトに取り組んでいました。このプロジェクトでは、CBDCのための自己主権型アイデンティティ(SSI)の利用が探求されました。この取り組みに基づき、イギリス銀行はNuggetsに対して、提案されているデジタルポンドのアイデンティティおよびプライバシーレイヤーの調査と設計を依頼しました。

期待されること

Nuggetsの共同創設者であるアラステア・ジョンソンによれば、この機能は、ユーザーのアイデンティティを明らかにせずに資格情報をスワップおよび検証するための匿名接続を使用します。彼はまた、このレイヤーが「CBDCのセキュリティとプライバシーの保護を確保するための重要な一歩」であると述べました。したがって、ユーザーがデータを制御し、プライベートに保持するために、ゼロ知識証明を使用します。また、このレイヤーは厳格な不正行為およびマネーロンダリング防止基準に準拠した設計となります。

イギリス銀行は、デジタルポンドの発行の可能性を数年間にわたり探求してきました。2020年には、このトピックに関する議論用の論文を公表しました。2021年には、この問題についての公開協議を開始しました。しかし、金融サービス大臣のアンドリュー・グリフィスは、プライバシーとセキュリティの問題を理由にデジタルポンドの発行に反対して警告しました。Nuggetsのプライバシーレイヤーは、この通貨が安全でプライバシーを保護するための重要な要素となる可能性があります。

Nuggetsのプライバシーソリューション:ゲームチェンジャー?

世界中の中央銀行がCBDCの開発を推進する中で、多くの分野での重要な懸念事項は、プライバシーと財務の透明性のバランスをどのように取るかです。Nuggetsのプライバシーソリューションは、この重要な課題に対処するのに役立つ可能性があります。

一方、Nuggetsはプライバシーとセキュリティを向上させるための他のプロジェクトにも取り組んでいます。欧州委員会の共同研究センター(JRC)と協力して、国境を越えた支払いのプライバシー保護ソリューションの開発に取り組んでいます。また、オックスフォード大学と提携して、医療データのデータ保護ソリューションの開発に取り組んでいます。さらに、Nuggetsは世界経済フォーラムと協力して、パンデミック後のデジタルアイデンティティと支払いの未来を形作っています。