アズキは、エレメンタルズミントの予定を外した後、アニメシリーズと新しいアートワークを予告しています

火曜日に不評だった「エレメンタル」非代替性トークン(NFT)の鋳造に続いて、ブルーチップのNFTブランドであるAzukiは、自身のミスに対処し、NFTエコシステムを復活させる計画を発表しました。

Azukiは今週、「エレメンタル」という最新の20,000エディションのNFTコレクションをリリースしましたが、15分で完売し、3800万ドルを集めました。しかし、いくつかのコレクターは、技術的な問題や短い鋳造ウィンドウのためにNFTを鋳造することができず、反発が起こりました。その後、Azukiはコレクションのアートワークをリリースしましたが、保有者たちは、それが元のコレクションとほとんど区別がつかないと主張し、供給の拡大による希釈の噂を助長しました。数時間後、元のAzukiコレクションの最低価格は44%下がりました。

匿名のAzuki保有者であるArcanicは、木曜日にツイッタースレッドで、Azukiチームとコミュニティとのプライベートコールで何が話し合われたかを詳細に説明しました。Arcanicによれば、Azukiの匿名の共同創設者であるZagabond氏と他の「中核」チームメンバーが、プロジェクトの次のステップについて明確化を行いました。

「チームは、OG Azukiコレクションを眺めているときに人々が感じる同じ気持ちを捉えたかった。『彼らが愛するものをもっと与える』というのが彼らの意図でしたが、ここではミスをしてしまいました」とArcanicはツイートしています。

Azukiチームは、エレメンタルコレクションのアートワークを更新して、元のコレクションと明確に区別できるようにする計画を発表しました。Arcanicは、Azukiの共同創設者であるArnold Tsang氏によるリークされたアートワークを共有しました。それには異なる背景が描かれています。

Azukiは以前、キャラクターユニバースをフィーチャーしたアニメシリーズの制作に取り組んでいることを示唆していました。Arcanicによれば、Azukiチームはコミュニティコールで計画を詳細に説明し、アニメーションのショートフィルムで構成され、自己資金調達され、Web3テクノロジーが組み込まれると述べました。チームはまた、最近Azukiの保有者にエアドロップされたGreen Beanもシリーズに関与すると述べました。

「アニメを視聴して、その後にアニメのNPCと対話できるイメージを想像してください。それはTwitterやWebアプリを介して行われ、NPCはトークンを発行し、それを使って対話することができます」とZagabondはコールで述べました。

Arcanicは、Azukiのエレメンタルの最低価格が1.29 ETH(約2,480ドル)で、取引量が約11,930 ETH(約2300万ドル)であることを報告しました。Azukiの最低価格は現在、8.19 ETH(約15,775ドル)で、取引量は596,900 ETH(約11億ドル)を超えています。

Arcanicは、エレメンタルの鋳造とアートワークの公開には失望していましたが、Azukiの将来とプロジェクトがミスから学ぶことに対しては楽観的です。

「チームは非常に能力があり情熱的であることを証明しています」とArcanicは述べています。「これからもコアコミュニティとの連携を保ち続ける限り、広範なコミュニティの信頼を取り戻すことができると信じています」。

執筆時点では、Azuki Elementalsの最低価格は1.29 ETH(約2,480ドル)、取引量は約11,930 ETH(約2300万ドル)であるとOpenSeaによって報告されています。Azukiの最低価格は現在、8.19 ETH(約15,775ドル)で、取引量は596,900 ETH(約11億ドル)を超えています。