Availは、Polygonから分離された企業であり、Ethereumへのデータ証明ブリッジを立ち上げました

今年早期にPolygonから分離したプロジェクトであるAvailは、ブロックチェーンのデータストレージと検証を担当するために、Ethereumエコシステム内のレイヤー2およびレイヤー3チェーンのコストを削減するために設計された新しいオファリングである「データ証明ブリッジ」を金曜日にライブテストネットワークで開始しました。

データ証明ブリッジは、まだテストネットワークのフェーズにあるもので、データをオフチェーンで安全に保護するのに役立ちます。これはEthereumに接続されており、Ethereumをベースレイヤーとするゼロ知識および楽観的なロールアップによって使用されることができます。

Ethereum上にデータを保存することは高額になる場合がありますので、Availはレイヤー2およびレイヤー3がデータをオフチェーンで公開するための解決策となり、主要なEthereumブロックチェーンにデータを投稿する際によく伴う高いトランザクション手数料を削減することを目指しています。そのアイディアは、実行および決済活動以外の何も詰まらないようにするために、主要なEthereumブロックチェーンを混雑させないことです。

データを処理し、データストレージのために別のネットワークを設定するという課題は、「データ可用性問題」またはDAとして知られており、データが存在すること(つまり利用可能であること)およびそれが正しいことを証明するための暗号システムの開発を含む領域です。

「データ証明ブリッジは、L2ロールアップのデータとL1とをAvailのオフチェーンデータ可用性レイヤーを介して直接接続する」とAvailはプレスリリースで述べています。

このブリッジは、Availがレイヤー2エコシステムで提供するものの一部です。長期的には、Availはロールアップが完全に自身のネットワークの上で展開することを望んでいます。これらのネットワークには、トランザクションデータをオフチェーンで保存するEthereumのスケーリングソリューションである「バリディウム」も含まれる場合があります。

Availの創設者であるAnurag ArjunはKocooに語ったところによれば、「L3またはバリディウムがAvailにトランザクションデータを送信すると、データ証明ブリッジがEthereum上で証明を提供します。これにより、Availにロールアップが提出したデータが実際に利用可能であることがEthereumに証明されます」とのことです。

Availは3月にPolygonから分離し、Arjunが共同創設者であったところです。6月には、「Kate」テストネットの第2フェーズをリリースし、ネットワークへのバリデータの参加を促すための一連のテストを行いました。

詳細はこちらをご覧ください:Polygon Spinoff Avail Network Starts Phase 2 of Its Testnet

更新(7月7日、14:06 UTC):この記事の公開後、Availは、新しいデータ証明ブリッジを含むプロジェクト全体がまだテストネットワークのフェーズにあることを明確にしました。チームは元のリリースで明示的にテストネットワークのステータスを言及していなかったことを認めました。

Bradley Keounによる編集。