Arpa NetworkがEthereumメインネット上で稼働開始

分散型計算プロトコルArpa Networkがテストネットの運用を2か月行った後、開発者はKocooに対して、このプロトコルがEthereumメインネットで水曜日にローンチされたことを確認しました。

Arpaの開発者は、このネットワークによって、ブロックチェーン上の行動が容易にエンティティやユーザーグループに追跡されることのない、プライバシーが保護された方法でブロックチェーン上のアクティビティとトランザクションを行うことができると述べています。

このローンチにより、Ethereumの開発者は、宝くじ、ゲーム、分散型投票システム、アイデンティティ管理システムなどの分散型アプリケーション(dapps)を構築および展開するためにArpaを使用することができます。

6月22日、Arpa Networkはステーキング報酬に予約されていた残りの5億アルパ(ARPA)トークンの鋳造を開始します。これらのトークンは、Arpaエコシステムの成長を資金調達するための準備金としても機能します。

トークンは段階的にリリースされ、ステーカー、検証ノード、およびその他のエコシステム参加者に対する段階的なベスティングプロセスが保証されます。

現在、ネットワークは6か月のコミュニティープールステーキングプログラムを最終調整中であり、1.5百万トークンを月次報酬として割り当てる予定です。コミュニティメンバーはトークンをステーキングして報酬を獲得し、ネットワークのパフォーマンスを監視することができます。

水曜日の朝時点で、1アルパは5セントで取引されています。データによると、彼らの時価総額は5,000万ドルです。

一方、Arpa Networkの開発者たちは、BNB Chainなどの他のEVM互換チェーンとの統合を追求し、レイヤー2チェーンの可能性を探索していると述べています。

Sheldon Rebackによる編集。