アーカムインテリジェンスが暗号データマーケットプレイスを展開プライバシーの擁護者たちは不正行為を非難する

Arkham Intelligenceは暗号データマーケットプレイスを展開し、プライバシーの擁護者たちは不正行為を非難しています

オンチェーンデータプロバイダーのArkham Intelligenceは、オンチェーンの暗号通貨データを買ったり売ったりすることができるマーケットプレイスを開始しました。

このマーケットプレイスは、Arkham Intel Exchangeと呼ばれ、”ブロックチェーンの匿名性を解除する”ことを目的としたネイティブトークン(ARKM)を特徴としています。

このトークンはBinance Launchpadで発行され、販売の対象となるトークンは5000万枚で、総供給量の5%に相当します。セールは7月11日から7月17日までの期間で、各ユーザーはセールで15,000ドル相当のARKMトークンを購入することができます。

Arkhamの新しいプラットフォームは、ユーザーが求めるデータに対して「バウンティ」を投稿できるバウンティメカニズムを使用しています。ブロックチェーンの研究者や探偵は、最初に約束したバウンティと引き換えに情報を提供することができます。

昨年、仮想通貨のハッキングと攻撃は記録を塗り替え、クロスチェーンブリッジ、分散型金融(DeFi)プロトコル、取引所から数十億ドル相当のデジタル資産が盗まれました。

Arkhamはオンチェーンの研究を促進することで、仮想通貨のハッキングの増加に対抗することを目指していますが、Twitter上のいくつかのプライバシー支持者からは懸念が表明されています。

Arkhamは、Binanceの調査ページによると、2回の株式調達で1,000万ドル以上を調達しており、最新の株式調達ラウンドでは1億5000万ドルの資金調達を行っています。トークン供給量の5%がトークンセールに割り当てられ、20%が中核メンバーに、17.5%が投資家に、17.2%が財団の財源に充てられます。

編集:Parikshit Mishra。