「アーカンソー上院議員が物議を醸す新しい暗号通貨マイニング法の撤回を要求」

Arkansas Senator Demands Withdrawal of Controversial New Cryptocurrency Mining Law

2023年4月、アーカンソー州は、下院と上院の両方で「Bitcoinの採掘権」法案を可決したことで歴史を作りました。しかし、アーカンソー州の「採掘権」法は、商業暗号通貨の採掘に関する規制を緩和するため、ますます反対を受けています。

報道によると、商業暗号通貨の採掘に関する制限の緩和は懸念を引き起こしています。新しい法律の施行後、電力消費の多い大規模な暗号通貨マイニング施設がアーカンソー州に進出したためです。

この法律は、市政府の暗号通貨マイニング施設の規制権限を制限することで論争を引き起こしました。これにより、地方の条例を施行する能力を事実上剥奪しています。

2023年の議会で、アーカンソー州第28地区の共和党のブライアン・キング上院議員は、この法案の導入に対して批判的な意見を表明しました。そして、キング上院議員は、この論争を引き起こした「採掘権」法案を撤廃するための別の法案を提出する計画だと報じられています。

関連記事: Solana(SOL)は20%以上の急騰を続け、次は何ですか?

報道によると、住民たちはさまざまな懸念を抱いており、過剰な騒音、大規模な電力グリッドの使用、およびその市内で提案された暗号通貨マイニング施設の背後にある企業であるGreen Digital LLC.が中国共産党の部分所有企業であるという事実などが挙げられています。

一部の町は提案された暗号通貨マイニング施設を拒否しています

アーカンソー州のブライアン・キング上院議員は、暗号通貨マイニングに関連する論争のある法律を撤廃するための法案の起草を行いました。その主要な懸念の一つは、暗号通貨マイニングの操作による地元電力グリッドへの負荷です。

報道によると、一部の地域では既に停電やブラウンアウトの可能性に関する警告が出されているとのことです。これは、これら施設の増加したエネルギー消費によるものです。

現時点では、地元報道によれば、アーカンソー州には約10の暗号通貨マイニング施設が存在しています。アーカンソー州のヴィロニアとハリソンという2つの町では、それぞれの市域内に提案された暗号通貨マイニング施設の設立を阻止しています。

ブライアン・キング上院議員は、暗号通貨マイニング施設はそれらの操作を行う地域にとって経済的な恩恵にはならないと主張しています。

彼は具体的には、Green Digitalが提案した施設のような施設は、限られた人数の雇用しか提供せず、それによって地域への重要な雇用機会や経済成長をもたらすことができないと述べました。

マイニング法案への支持

法案の提案者であるブライアン・キング上院議員(共和党)は、法案が財産権を保護し、暗号通貨起業家への不公平な扱いを止めることを目的としていると説明し、支持しています。

彼は、暗号通貨のマイナーはアーカンソー州に住んでおり、州のインフラに投資し、公益事業のコストを安定させ、地元経済を活性化させる人々であると述べました。