「アルゼンチンの石油会社が、ガスの余剰電力を利用して暗号通貨のマイニングを開始する予定です」

Argentine oil company plans to start cryptocurrency mining using surplus power from gas.

ブエノスアイレスに本社を置く石油会社、Tecpetrolは、余剰ガスを仮想通貨マイニングのためのエネルギーに変換することを決定しました。

9月24日に現地メディアによって報じられたところによれば、Tecpetrolは、アルゼンチンのパタゴニアに位置するVaca Muertaの北にあるLos Toldos II Este地域に、初のガス駆動の仮想通貨マイニング施設を立ち上げる予定です。同社は、このアプローチにより原油生産プロジェクトを進め、ガスの利用を最適化し、廃棄物を減らすことができると主張しています。

関連記事: Stronghold、ペンシルベニアでの仮想通貨マイニングのためにタイヤの燃焼を許可することを要求

同社はこの施設で少なくとも1日3万5千バレルの原油を掘削する予定ですが、プロセスで放出されるガスを消費するためのインフラが存在しないため、それを活用する戦略的な選択肢として仮想通貨マイニングを探求することにしました。TecpetrolのCEOであるリカルド・マルコスは次のように説明しています。

「環境へのガス放出の不可能性を考慮し、仮想通貨マイニング事業を実施することにしました。」

Tecpetrolは、仮想通貨マイニングを10月下旬から11月初旬に開始する予定です。主な目標は、ガスの排出を避けることによる環境への影響を減らし、さらなる利益を生み出すことです。同社は既に契約を結び、アメリカで同様の戦略を実施する経験を持つ無名の企業と協力しています。

リスク管理研究所が発表した最近の論文によれば、ビットコイン(BTC)マイニングは、世界の無駄なメタン排出物をより有害な排出物に変換することで、2030年までにグローバルな排出物を最大8%削減することができると述べています。報告書は、キャプチャされたメタンをビットコインマイニングの動力源とすることで、大気中に放出されるメタンの量を減らすことができるという理論的な事例を引用しています。

雑誌: DAOは過大評価され、実現不可能なのか?フロントラインからの教訓

追加の取材: Ray Jimenez Bravo, Mariuscar Goyo