Arbitrumの価格は、DeFiの巨大なウェールアドレスがARBの蓄積を再開した後に急騰しました

6月2日、米上院が債務上限を引き上げることを決定した後、Arbitrumの価格が上位暗号通貨と同様に急上昇しました。

なぜARBの価格が上がっているのですか?

Arbitrum(ARB)の価格は9%上昇し、1.5%の全体的な上昇を見せた暗号市場を上回る、$1.25の当日高値を記録しました。

Arbitrumのアウトパフォーマンスは、人気トレーダーAndrew Kangの暗号アドレスに関連する奇妙な購入活動と重なりました。

特に、6月2日、Mechanism Capital共同創設者のKang氏が安定コインである$1 millionをArbitrumプールに預け、そのうち20%以上を分散型金融貸出プラットフォームRadiant CapitalのネイティブトークンであるRDNTの購入に使いました。

その後、Kang氏は新しく購入したRDNTの残高と既存のRDNTの残高を$867,000のARBに交換しました。その後、彼は収益をRadiant Capitalに預けて、CircleのUSD Coin(USDC)を借りました。これについては、データリソースのLookonchainが報告しています。

プラットフォームは次のように述べています。

「Andrew Kang氏が@RDNTCapitalで$ARBにロングするためにレバレッジを使用しているようです。$ARBを購入→$ARBを預入→$USDCを借りる→$ARBを購入する。」

ARBのラリーは持続可能ですか?

Lookonchainは、Kang氏の上記の送金と同時に、匿名の大口投資家がOKX取引所に$1.5 million相当のARBを預けたことを明らかにしました。

「Whale」0xf59b」は、ついに$ARBの上昇を待って、30分前にOKXに1.2M $ARB($1.5M)を預けました。彼は5月8日に#OKXから1.2M $ARBを引き出し、購入価格はおそらく$1.2程度だったと思われます。 https://t.co/cJReZfg007 pic.twitter.com/jFwBRtPUpK

— Lookonchain (@lookonchain) June 2, 2023

投資家は通常、暗号取引所にトークンを預けて売却します。需要が低下した場合、ARBの下落可能性が今後数日間にわたって高まります。興味深いことに、日次チャート上のテクニカル設定は同じことを示唆しています。

関連記事:ArbitrumベースのJimbos Protocolがハッキングされ、Etherで7.5Mドルを失う

特に、ARBはベアフラッグを印刷し、強い下降後に2つの上昇平行トレンドラインの間で価格が収束していることが確認されています。通常、ベアフラッグは下部トレンドラインを下回り、前の下降トレンドの高さと同様に多くの下落を経験します。

これにより、ARBは6月に$0.95の道を進むことになり、現在の価格水準から約20%下落することになります。

一方、フラッグの上部トレンドラインを決定的にブレイクすれば、ベアリッシュな見通しを無効にし、2023年3月から5月のセッションでの抵抗レベルである$1.35を目指すことになります。