「Arbitrum FoundationはEthereum Layer 2の拡大のために日本市場を見据える」

Arbitrum Foundation focuses on the Japanese market for Ethereum Layer 2 expansion.

アルビトラム財団とフラクトンベンチャーズが提携し、日本におけるEthereumレイヤー2の採用を加速する。/画像提供:アルビトラム財団

アルビトラム財団は、Ethereumレイヤー2ネットワークであるアルビトラムをサポートすることを目的とした組織であり、本日、プロトコルスタジオのフラクトンベンチャーズとの戦略的パートナーシップを発表しました。

この提携は、アルビトラムの日本における存在感を確立することを目的としており、生態系の成長とコミュニティ教育イニシアチブの開始を促進するために設計されたプラットフォームであるアルビトラムジャパンの立ち上げを通じて達成される予定です。

日本におけるブロックチェーンの採用を加速するための提携

アルビトラム財団のエコシステム開発担当のニーナ・ロンは、プレスリリースで日本市場に潜在する広大なポテンシャルに言及しました。

「フラクトンベンチャーズとの提携により、従来ブロックチェーン技術の利点に触れたことのない開発者、イノベーター、ブロックチェーンに興味を持つ消費者など、新たな層に到達できると考えています。そして、アルビトラムがその技術を活用して業界全体で主導的なレイヤー2スケーリングプラットフォームになった方法について」と彼女は述べました。

フラクトンベンチャーズのパートナーシップ担当であるシッダールト・ピライは、アルビトラムジャパンのビジョンを成功裏に実現する能力に自信を表明しました。

ピライは、日本のブロックチェーンセクターにはまだ先進的なテクノロジーや開発者ツールがあまり普及していない未開拓のポテンシャルがあると指摘しました。彼は、アルビトラムジャパンの導入が地域内でブロックチェーンの力を十分に活用する機会を提供すると信じています。

アルビトラム財団とフラクトンベンチャーズのパートナーシップは、目標を達成するために二つの手法を採用します。最初の要素はビジネス開発とエコシステムの構築であり、二つ目は教育とコミュニティのサポートに焦点を当てています。

フラクトンベンチャーズは、日本で活動しており、この地域の専門家、投資家、開発者のネットワークを活用して、アルビトラムの生態系を日本市場で成長させるための取り組みを行います。これには、Web2およびWeb3の領域で活動する企業間の協力促進が含まれ、ビジネス開発を推進することが期待されています。

戦略の二つ目の要素は、Ask-Me-Anything(AMA)セッションやハッカソンを通じた技術教育コンテンツの拡充です。また、大学のアンバサダーやコミュニティマネージャーも消費者の間でアルビトラムの採用を促進する活動をリードする役割を担います。

日本は暗号通貨業界の成長にとって友好的な環境を確立しています。岸田文雄首相は、7月に開催されたWebXカンファレンスで、Web3がインターネットを変革し、社会の変革に貢献する可能性に楽観的な見方を示しました。

アルビトラムの現状

アルビトラムの旅は、2023年3月のトークンエアドロップとアルビトラム財団の設立と同時に始まりました。エアドロップでは、レイヤー2ネットワークの早期ユーザーに対して1.16十億トークンが報酬として提供され、彼らにはアルビトラムワンとノバネットワークを制御するDAOでのガバナンス権が与えられました。

初期に一部の論争を経験しながらも、アルビトラムは重要な進展を遂げ、総ロックバリュー(TVL)の面でEthereumレイヤー2スケーリング市場を席巻しています。

L2BeatによるアルビトラムL2 TVLチャート

現在、L2BEATによると、アルビトラムはレイヤー2チェーン全体で59億ドルのTVLを誇り、OptimismやCoinbaseのBaseなどの競合他社を上回っています。

アルビトラム財団とフラクトンベンチャーズの戦略的パートナーシップは、アルビトラムの生態系の日本での拡大に大きな可能性を秘めています。適切な実行により、この提携は地域におけるブロックチェーン技術の採用を促進し、開発者や投資家に新たな機会と可能性を拡大することができるでしょう。